SNSで最新情報をチェック

壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。

画像ギャラリー

餃子館(最寄駅:八幡山駅)

全種制覇したくなる餃子好きのパラダイス!

中国東北地方の味が基本だそうで、豚挽き肉に加えるそれらメインの野菜によって印象が全く違うんだからお見事としか言いようがない。全品制覇が賢明だ。定番の焼きは4種。皮から緑がうっすら透けるほどたっぷり入ったニラ玉は噛むほどに香りが口中を席巻するし、大根は肉汁をその体に吸い込んだ旨みの相乗効果で実に滋味深い。素材を生かすため毎日微妙に配合を調整し、注文に応じて皮を延ばし包んで焼くという調理を巧みにこなす店主の須藤夫妻の連携プレーも必見だ。行列覚悟で出掛けたい。

ニラ玉餃子

430円

大根餃子

430円

豚バラ肉を使用した挽き肉と粗みじんにした大根が入る。肉の旨みが大根にしみて旨い

自家製おつまみチャーシュー

550円

継ぎ足しのタレで仕込むチャーシューも絶品

しそ水餃子、春菊水餃子

430円、430円

水餃子の皮はもっちりとした食感になるよう焼きの皮と練り方を変えている

お店からの一言

店主 須藤明さん

「皮も餡も手作り。素材を生かすよう仕込んでいます」

餃子館の店舗情報

[住所]東京都世田谷区上北沢4-29-19 [TEL]090-2446-0229 [営業時間]18時半~翌1時(早じまいあり) [休日]月曜日、第1・3火曜日 [座席]カウンターのみ、全14席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし/[交通アクセス]京王線八幡山駅から徒歩4分

電話番号 090-2446-0229

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...