SNSで最新情報をチェック

卵に包まれ、丸く盛り上がったお好み焼きの高さは約10センチ。切れば、特注の生麺を使った焼きそば、蒸し焼きにされたキャベツ、豚肉、たっぷりの青ネギと圧巻のボリューム。

画像ギャラリー

電光石火 東京駅店(最寄駅:東京駅)

まぁるいお好み焼きは技術とアイデアが詰まり、圧倒的な食べ応え!

おたふくソースが絡まれば、キャベツの甘さ、ソバの風味などと相まって、食べる手が止まらない。「他にないルックスのお好み焼きを目指しました」(店長・竹長さん)と笑いながら言うが、盛り上げるのも、卵で包むのも実は努力の賜物。カウンター席に座れたら、その技も含めてお好み焼きを堪能してほしい。

電光石火

1250円

1460円

卵で包まず、目玉焼きをオン。中にはイカ、エビも入る。ドリンクは、広島の会社のシロップを使う「広島はっさくハイボール」550円。甘酸っぱい味がお好み焼きによく合う

お店からの一言

 

店長 竹長篤史さん

「15時~16時は比較的並ばずに食べられる時間帯です」

電光石火 東京駅店の店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階 にっぽん、グルメ街道 [TEL]03-6268-0313 [営業時間]10時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休(施設に準じる) [席]カウンターあり、全42席/全席禁煙/予約不可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]八重洲地下中央口改札から徒歩1分

 

電話番号 03-6268-0313

 

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...