SNSで最新情報をチェック

 武蔵小山の名店『紫仙庵』で蕎麦を打っていた榊原さんが独立したのは今年5月。浅草橋に開いた店は、穏やかな店主夫妻の人柄そのもののようで、都会のエアポケットのような落ち着いた空間が心地いい。

画像ギャラリー

手打そば さかき(最寄駅:浅草橋駅)

噛めば旨みがじんわり広がる十割せいろ

蕎麦は石臼挽き自家製粉。おすすめは十割せいろで、噛みしめると旨みや甘みが広がって、まさに蕎麦を味わいつくすようなせいろだ。そして、卯の花、胡麻和え、炊き合わせ、天ぷらといった、夜の品書きに並ぶ日替わりも吸引力が高く、ついついあと先を考えずに注文したくなる。けれど、主役の蕎麦を楽しむならば、ほどほどに(笑)。

十割せいろ

800円

なめこおろしそば

1200円

秋冬に登場した季節限定の温蕎麦。温かいつゆに放つと、おろした辛み大根の辛さがやんわり甘みへと変化する

牡蠣の紅花オイル漬け

650円

大きな牡蠣を空煎りしてからオイル漬けに。濃厚な海のエキスはしっかり系の燗酒と合わせて

お店からの一言

店主 榊原弘順さん

「夜はひとときコース3000円もおすすめです」

手打そば さかきの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草橋4-10-2 稲垣ビル1階 [TEL]03-4285-1192 [営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、17時半~21時(20時半LO)、12/30は昼のみ営業 ※ランチタイム有 [休日]水、第1・3木、1/1~1/4 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR総武線浅草橋駅西口から徒歩2分

電話番号 03-4285-1192

撮影/西﨑進也 文/岡本ジュン

2019年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...