×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

戦前に生花店から始まり、戦後は甘味処、そして今では街の人々に愛される食事処となった。定食や丼物に洋食と幅広いメニューのなかでも、いちばん人気がこのタンメン。

icon-gallery

花家(最寄駅:日暮里駅)

あっさりスープ×細麺 懐かしくも奥深いタンメンに拍手喝采!

豚骨や鶏ガラベースの動物系ながらも、あっさり清湯に仕上げたスープに、スマートな特注の細麺がマッチする。素朴で実直なその味わいは、毎日でも食べたくなる旨さなのだ。

タンメン

780円

瑞々しく仕上げたモヤシ・キャベツ・ニラなどの野菜の食感も抜群。すっきりとしたスープにあわせて特注する麺は細打ちながらもしっかりとしたコシがある

焼き餃子

550円

粗く刻んだキャベツの食感や、生姜の爽やかな香り、豚挽き肉のコクがひと口サイズにギュッと詰め込まれている。しっかりした味付けで、ご飯やビールとも相性ピッタリ

お店からの一言

 

3代目 金森伯文さん

「持ち帰り用の生餃子も人気です」

花家の店舗情報

[住所]東京都荒川区西日暮里3-2-2 [TEL]03-3821-3293 [営業時間]11時~20時(19時半LO)※ランチタイム有 [休日]火 [席]全22席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか日暮里駅西口から徒歩1分

 

電話番号 03-3821-3293

 

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…