SNSで最新情報をチェック

琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

萬福(最寄駅:東銀座駅)

胸高鳴る郷愁の味 醤油ダレとラードが生み出す香ばしさ

旨さの元となるのが中華そばのタレ。まろみを帯びた醤油が鍋を振る度にラードと絡み合い、えも言われぬコクを生んでいる。具材は角切りチャーシューに、甘みの玉ネギ、それに刻んだナルトの懐かしさに胸がきゅんと鳴る。「搾菜とレタスの焼飯」は25年ほど前にメニューに加わった平成版。あっさり塩味がこれまた後を引く。

焼飯

880円

レバーにら炒め

900円

パンチの利いたタレがレバーと相性抜群。野菜もシャキシャキだ

搾菜とレタスの焼飯

1050円

ふんわりパラリと炒められた米粒の中から現れるレタスの歯触りが瑞々しい。搾菜のコクが味に深みを持たせている

お店からの一言

店主 久保英恭さん

「ケチャップ味の焼きめし「ポークライス」もぜひ」

萬福の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座2-13-13 [TEL]03-3541-7210 [営業時間]11時~15時LO、17時~22時半LO(土は~22時LO)※ランチタイム有 [休日]日、祝の月 [席]カウンターあり、全22席/全席禁煙/宴会のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅A7出口から徒歩2分

電話番号 03-3541-7210

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

こだわりを目一杯織り込む進化系がある一方で、昔ながらのしみじみ旨い一杯を提供する店も健在。ラーメン界...