SNSで最新情報をチェック

生産者から直送される玄蕎麦の美味しさを最大限に活かすため、蟻巣石の石臼で熱を加えず味わいが出るよう粗めに挽く。そんな蕎麦粉で打つ蕎麦は、二八、十割、週末のみ提供の粗挽きの3種類から選べ、甘みと香りをダイレクトに伝える。

画像ギャラリー

民芸そば処 玄庵(最寄駅:京成立石駅)

江戸風情が楽しめる店内で“蕎麦屋らしい”酒肴を食す

枕崎の本節を粉砕して旨みを余すところなく抽出したつゆも風味よし。一品料理も豊富で、圧巻は6種ある鴨料理のバリエーション。築地の鴨専門店から生で仕入れているから鮮度も抜群だ。江戸古民家風の店内の随所に希少な家具を配置。博物館さながらの雰囲気もいい。

鴨三点盛り、そば屋の玉子焼、里芋の天ぷら、日本酒3種飲み比べ

920円、660円、520円、1000円

せいろ

840円

この日はキタワセ蕎麦だが、メインで使うのは常陸秋そば

あんかけゆば豆腐

630円

湯葉は厳選した日光の豆腐店から仕入れている

お店からの一言

店主 貝塚隆雄さん

「併設のそば打ち教室で体験も。プロコースを経て独立した方も多数」

民芸そば処 玄庵の店舗情報

[住所]東京都葛飾区東立石3-24-8 貝塚ビル2階 [TEL]03-3694-1241 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~21時(20時LO)※ランチタイム有 [休日]火※祝の場合は営業、翌水休、最終週月 [席]全50席/全席禁煙(店内に喫煙所あり)/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]京成押上線京成立石駅南2出口から徒歩5分

電話番号 03-3694-1241

撮影/瀧澤晃一 取材/市村幸妙

2019年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...