SNSで最新情報をチェック

この地で創業からおよそ50年、今も家族で切り盛りしている。当時から続く名物が、近くにある駅名と店主の名前の一文字をかけた「谷保天そば」だ。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

更科甚吾郎(最寄駅:国立駅)

古民家の風情もご馳走 半世紀以上も愛される国立の名物蕎麦

鰹節や鯖節、干し椎茸でダシをとり、醤油の風味を立たせた重厚感のあるつゆに、大きなエビ天と消化を助ける大根おろし、彩りのほうれん草が浮かんでいる。ちょっと太めに打った蕎麦は、もっちりとした弾力のあるコシと素朴な香りで、どこか懐かしい味わいだ。 店主の出身地である飛騨高山の古民家をモチーフにした店内で、寒い日には炭を熾した囲炉裏端が特等席。ここに座って熱々をハフハフすすれば、身体の外と中からじんわり温まってくる。

谷保天そば

1100円

冷し甚吾郎

800円

揚げ餅を2個乗せて、ボリューム満点。こちらも昔からの名物メニューで、近くにある大学の学生に人気とか。餅1個の場合は50円引き

鴨鍋

1250円

鴨肉、白菜、豆腐、ネギなどたっぷりの具材がうれしい。中にはうどんも入っていて小ご飯付き。熱々を召し上がれ!

お店からの一言

店主 長瀬保夫さん

「ノスタルジックな店内で、お蕎麦やうどんを召し上がれ」

更科甚吾郎の店舗情報

[住所]東京都国立市東2-16-15 [TEL]0425-76-8186 [営業時間]11時~19時LO、火11時~15時LO、16時半~19時LO [休日]第3火、水 [席]全28席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR中央線国立駅南口から徒歩9分

電話番号 0425-76-8186

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2019年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...