SNSで最新情報をチェック

温蕎麦の中でも王道の鴨南蛮に注目しました。名店の隠れた逸品あり、専門店あり。蕎麦・ツユ・タネ物が織りなす美味でほっこりする一杯をお楽しみください!

画像ギャラリー

手打ちそば しながわ翁@北品川

鴨南蛮そば1620円
ツユが染み込むよう斜に切るネギはとろっ。鴨はジューシー
蕎麦は丸抜きを石臼挽き。産地は北海道や茨城など時期で変わる。単体だと味にムラが出る場合もあるため状態を見てブレンド。店主は蕎麦打ちの神様といわれる高橋邦弘氏の元で修業

さすがは名店 安定の旨さに心も体もぽっかぽか

冷たい蕎麦が旨いのは大、大、大前提。その上で我々が熱視線を送るのが根強いファンがいる鴨南蛮だ。火入れにこだわる鴨肉はしっとりと柔らかく、香ばしい焼き目を付けた太めのネギは甘くて中がとろっとろ。

その旨みが溶け込んだツユの何と奥ゆかしいことよ。質と量といい、満足感が半端ない。

もりそば ざる860円
均一で美しい二八の蕎麦は喉に心地いい食感だ。つけ汁は本節と亀節を基本に、椎茸や昆布なども加えたダシに最低3週間寝かせたかえしを合わせる

丸抜きを自家製粉して打つ蕎麦は店主曰く「味、香り、すべてにおいて食べた時に気持ちいい味」が理想。

安定した品質を提供するため、その時々で産地をブレンドしているそう。旨さは素材選びから提供まで。手を抜く工程は一切ない。正直な味に脱帽だ。

玉子焼き(冷製)680円、画像右:生のりの佃煮(自家製)500円
佃煮は三陸産の生海苔を醤油や酒などで煮た酒のアテ。玉子焼きはダシが上品
湯豆腐660円
グツグツと音を立てて運ばれる。土鍋の中に薬味の器を入れるのは食べる時に豆腐が冷めないように

住所:東京都品川区北品川1-8-14
TEL:03-3471-0967
営業時間:月・火11時~14時半(14時LO)、水・木・金11時~14時半(14時LO)、17時半~21時(20時LO)、土・祝10時~15時(14時半LO)※政府の要請で変動あり
定休日:日、第2・4・5月、祝は不定休
交通:京浜急行線北品川駅から徒歩5分、JR山手線ほか品川

手打ちそば しながわ翁

手打蕎麦たかせ@神保町

鴨南蛮1950円
肉の旨みと脂のバランスがいい蔵王産の鴨を使う。モモ肉の団子は旨みを逃さないよう一度オーブンで焼く。ダシは本枯節の薄削り。上品な旨み
石臼挽きで自家製粉する蕎麦粉は北海道や福島など産地は時期で変わる。温蕎麦はせいろと同じ二八。 石臼挽きで自家製粉する蕎麦粉は北海道や福島など産地は時期で変わる。温蕎麦はせいろと同じ二八。甘皮を多めに入れた田舎や季節の変わり蕎麦も人気。店主は浅草「蕎上人」等で修業
石臼挽きで自家製粉する蕎麦粉は北海道や福島など産地は時期で変わる。温蕎麦はせいろと同じ二八。 石臼挽きで自家製粉する蕎麦粉は北海道や福島など産地は時期で変わる。温蕎麦はせいろと同じ二八。甘皮を多めに入れた田舎や季節の変わり蕎麦も人気。店主は浅草「蕎上人」等で修業

野趣あふれる上質な蔵王鴨のフレッシュな旨さ

品書きを見れば鴨の串に陶板焼き……鴨のつまみが充実している蕎麦屋は、100%の確率で鴨南蛮が超絶に美味しい(筆者調べ)。

ということでご対面。おお~、ふくよかな肉に2個の団子を携えた魅惑のルックス、食べる前から心が躍る。鴨は宮城・蔵王産の生のむね肉を使用。噛むほどに野趣あふれる鮮やかな旨みは新鮮な素材ならではだ。

月見納豆1200円
納豆、ネギ、海苔、卵黄を蕎麦と一緒に混ぜて味わう

ツユは2年物の本枯節を毎朝自家削りしてダシを仕込み、スッキリと雑味のない味に仕上げている。時期で産地を変える蕎麦は歯切れのいい食感と香り。それらすべてが三位一体となった冬のご馳走、さあ召し上がれ!

画像左:しいたけ海老しんじょう1200円、画像右:お通し600円
粗めに切ったエビを白身など生のすり身の種に加え、椎茸にのせた真丈。プリリとした食感。取材時のお通しは鴨ハツの唐揚げなど 

住所:東京都千代田区神田神保町2-21-10 高野ビル1階
TEL:03-3288-1370
営業時間:11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO) ※政府の要請で変動あり
定休日:日・祝
交通:地下鉄半蔵門線ほか神保町駅からA1・A6出口などから徒歩3分

手打蕎麦たかせ

次のページ
手打そば もり@西早稲田...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...