SNSで最新情報をチェック

冬に軽トラでやってくる「い〜しや〜き〜いも〜」の声と、甘いイモの香りに誘われて石焼きイモを買った人は数多くいるでしょう。では、石焼き芋の石って、そもそもなぜ石で焼くのか? では石だと何がいいのか? 知ってるようで知らない謎を石屋さんに直撃しました!

画像ギャラリー

石「を」焼くとイモになる思った幼少期

まだ幼少の頃、石焼きイモなるものは石「を」焼くとイモになると思っていた。それが加熱した石「で」焼くからだと、ずっと勘違いしていたと知ったのは小学生になる直前。

近所に軽トラックの石焼きイモ屋さんが来たので買いに行ったところ、石の上にホクホクの焼きイモが並んでいるのを見た時だ。どおりで落ち葉を集めた焚き火の中に石ころを入れてもイモにならないわけだ。もうできたかな? なんて、イモを掴んで何度もヤケドした自分が恥ずかしい。ま、今では笑える黒歴史だけれど。

それから数十年。石で焼いたホクホクの焼きイモを「うめえなあ」と言いながら数多食べてきた。しかし、ふと新たな疑問がよぎった。

それは、そもそもなんで石で焼くの? さらに石は何がいいんだ?
というもの。

石焼きイモってイモの品種のことは語られるが、加熱のための石にスポットが当たらな過ぎな気がする

例えば焼鳥では、紀州備長炭>備長炭>炭火>ガス台的な、これで焼くと旨い図式がある。炭火は遠赤外線効果があり、滴る鳥の油で立ち上る煙が絶妙の味付けにもなるからだ(これが絶対に正しいとかではなく)。そんな図式、理由が石焼きイモの「石」にもあるのではないか?

「どんな石を使う?」日本唯一の玉石・玉砂利専門店に直撃!

というわけで、餅は餅屋だ。石のことなら石屋さん。

さっそく埼玉県にある日本唯一の玉石・玉砂利専門店『日本玉石』さんに話を聞いてみた。

「焼きイモ用の石ですか? それ用の石はないですね。でも、『大磯』の9〜12ミリや『天然黒玉石(旧・那智黒)』の20ミリほどのものを購入に来られる焼きイモ屋さんは何人もいましたよ。この2種の人気の理由まではわかりませんねえ」とのこと。

大磯は観賞魚用水槽の底砂によく用いられるもので、那智黒は和風建築物や商業ビルなどに敷く石として人気のものだ。共通点……いったいどこなんだ?

「ホームセンターで買える石を使う」石焼き芋屋さんの証言

加熱した天然黒玉石は遠赤外線効果が高いという話は聞いたことがあるよ」。と、悩んでいるボクに助け舟を出してくれたのは、千葉ニュータウン地域を中心に展開している『五郎の石焼き芋』の親方だ。

遠赤外線効果! それは焼鳥を備長炭で焼くと美味しいとされる理由と一緒じゃないですか!

「でもね、現場だと正直そこまで実感することはないかも。ウチでは天然黒玉石じゃなく、ホームセンターなどで気軽に買える伊勢砂利で20ミリくらいのものを使っているしね」。

伊勢砂利は、御影石を削った砂利で、こちらは和風庭園や集合住宅の外構に使う石として人気とのこと。さらに新しい石の登場だ。もうね、どれでもいいんじゃないかって気がしてきた。河原で拾った石で作ってもいいんじゃないの? と、「それは避けてください!」とふたりから声が上がった。

次のページ
「雨花石が最適!」アウトドアブランドの証...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...