SNSで最新情報をチェック

SNSやテレビなどで、北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」の話題が耳目を集めています。それに関係してか、東京都内など道外の小売店でもプライベートブランド(PB)商品を見かける機会が増えました。物産展のようなイベントではなく、常時、購入できます。特に大手ドラッグストアチェーンの「ウエルシア」に多くの商品が展開していて、SNSでも話題になりました。2021年現在、都内にセイコーマートの店舗はありません。なぜドラッグストアにセイコーマートの商品が並んでいるのでしょう?

画像ギャラリー

道産子の生活インフラ!セイコーマート

「セイコーマート」は株式会社セコマが展開するコンビニエンスストアで「セイコマ」または「セコマ」の愛称で親しまれています。ちょうど今年で創業50周年を迎えました。

 

北海道の179市町村のうち175市町村にグループの店舗があり、1078店(2021年7月末時点)を展開中。JCSI(日本顧客満足度指数)のコンビニエンスストア部門で5年連続で1位に輝き、全国的な注目を浴びています。

北海道民の間では日常会話に当たり前のように登場(地元の方言で言うと「セコマ行くべさ」等)します。お店に行ったことが無い人を探すのが難しいくらい圧倒的な存在感です。

人気メニューは店内調理で温かいままで提供するサービス「HOT CHEF(ホットシェフ)」の「カツ丼」。

揚げたてのサクサク衣に、トロトロの半熟玉子というベストな状態でいただけるもので、ダシのきいた味付けにボリュームあるカツの美味しさを引き上げています。この味を一度知った人なら、きっとまた食べたくなってしまうでしょう(ホットシェフは取り扱いのない店舗があります)。

ホットシェフ以外のお惣菜も充実しており、副菜にはぴったりな100円台で購入できるシリーズの商品は、塩さば焼きや煮玉子、ポテトサラダなど、定番のおかずが揃っています。

なかでも「110円(税抜き)パスタ」と呼ばれるボリュームとコストパフォーマンスを実現したメニューは非常に人気があります。どの商品も食事としてはもちろん、一人飲みのおつまみとしてもおススメの品ばかりです。

アイスやジュース、酒類でもオリジナルブランドの商品が充実しています。お店を訪れると豊富な種類から選ぶことができ、日常の買い物も楽しい気持ちになってきます。パスタのシリーズについてはウエルシアにも並んでおり、懐かしい味が東京で味わえることにわくわくしています。

次のページ
セイコーマートの商品を探しにウエルシアへ...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...