SNSで最新情報をチェック

『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。

サンタナの名盤『ロータスの伝説』のジャケットデザイン

ひとりの名も無いフリーライターが、ペンだけを頼りに生計を立ててゆくには、師が必要だと思う。ぼくの場合はフランス文学者にして詩人、その一方でお化け関連の著書も多い平野威馬雄先生が20代初期の導師だった。料理愛好家の平野レミの父上だ。1970年代初期、平野先生は、”お化けを守る会”を立ち上げた。ぼくは幹事に任命されて、会に参加する方々との連絡係を命ぜられた。

定期的に千葉・松戸の平野邸に集い、平野先生や偉いお坊さんの講和を聴いた。会員には、美輪明宏、渥美清、永六輔、横尾忠則、土屋嘉男などといった凄い顔ぶれがいた。この会をきっかけに横尾忠則の東京・成城のアトリエを何度か訪問した。

1978年、はっぴいえんど、高田渡などが在籍したベルウッド・レコードの創立者・三浦光紀(こうき)が、フォノグラム・レコード(当時)に移って新たにスタートさせたプロジェクトから、ぼくが発掘した天才ギタリスト、新津章夫(1952~2002年)をデビューさせることになった。彼の要望はデビュー・アルバムのジャケットを横尾忠則にお願いしたいという。横尾忠則は1974年のサンタナの名盤『ロータスの伝説』などのジャケットを手掛けていた

『ロータスの伝説』のディレクターに訊ねたら、ギャラは800万円(1974年の800万円!)だったという。無名のギタリストのジャケット・デザインにそんな大金はかけられない。しかし、ぼくは当時の横尾忠則のピュアなアーティスト・マインドを知っていたので、成城のアトリエに、完成した作品『I・O(イオ)』のカセットテープを持ってお邪魔した

細野晴臣の名盤の数々。2021年2月リリースの『あめりか』は、2019年のアメリカ公演を収録したソロ名義では初のライヴ盤

次のページ
「細野晴臣があまり弾かない楽器は何か」と...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...