MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レストラン マルタ(新橋)-新橋にマルタ料理専門店

レストラン マルタ(新橋)-新橋にマルタ料理専門店

新橋のマルタ料理専門店「レストラン マルタ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。シチリア島の北に位置する島国・マルタ。遠く離れた日本ではじめて、この国の料理を味わえる専門店がオープンした。[住所]東京都港区新橋2-9-17 2階

perm_media 《画像ギャラリー》レストラン マルタ(新橋)-新橋にマルタ料理専門店の画像をチェック! navigate_next

レストラン マルタ(最寄駅:新橋駅)

地中海に浮かぶ島国独特の食文化を新橋で堪能

オーナーの髙宮崇さんは元々イタリアンのシェフで、マルタ在住の欧州で有名な料理研究家・ピッパ氏に師事。独特の食文化を学んだ。「北アフリカにも近いので、スパイスやハーブを利かせたエキゾチックな味わいが特徴です」(髙宮さん)。マルタ料理の代名詞が、写真の「アリオッタスープ」だ。タコやイカなどの魚介を煮込み、それを漉して旨みだけを抽出。フレッシュミントを添えて清々しい香りと共にいただく。他にも、スライスポテトをトッピングしたマルタ風ピザの「フティーラ」もおすすめだ。

アリオッタスープ
1600円

別名フィッシュスープとも呼ばれる名物料理。たっぷりの魚介の旨みがギュッと凝縮。米も一緒に煮込んでいるので食べ応えも充分だ

ポークフティーラ
1200円

ヒダをつけて折り込んだ独特の形状。具材はガーリックソテーした豚肉、トマトソース、チーズとシンプルだ。ジャガイモのカリッとした食感がアクセント

タコの赤ワイン煮込み
1400円

赤ワインのどっしりとした風味の中にもオレガノやクミンの香りを利かせている

レストラン マルタの店舗情報

[住所]東京都港区新橋2-9-17 2階 [TEL]080-4378-9211 [営業時間]12時~15時、17時半~24時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝(貸切の場合は営業) [席]テーブル22席 計22席/禁煙席あり/予約可/カード可/サなし、パン代300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分

電話番号 080-4378-9211
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル