MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レストラン マルタ(新橋)-新橋にマルタ料理専門店

レストラン マルタ(新橋)-新橋にマルタ料理専門店

新橋のマルタ料理専門店「レストラン マルタ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。シチリア島の北に位置する島国・マルタ。遠く離れた日本ではじめて、この国の料理を味わえる専門店がオープンした。[住所]東京都港区新橋2-9-17 2階

perm_media 《画像ギャラリー》レストラン マルタ(新橋)-新橋にマルタ料理専門店の画像をチェック! navigate_next

レストラン マルタ(最寄駅:新橋駅)

地中海に浮かぶ島国独特の食文化を新橋で堪能

オーナーの髙宮崇さんは元々イタリアンのシェフで、マルタ在住の欧州で有名な料理研究家・ピッパ氏に師事。独特の食文化を学んだ。「北アフリカにも近いので、スパイスやハーブを利かせたエキゾチックな味わいが特徴です」(髙宮さん)。マルタ料理の代名詞が、写真の「アリオッタスープ」だ。タコやイカなどの魚介を煮込み、それを漉して旨みだけを抽出。フレッシュミントを添えて清々しい香りと共にいただく。他にも、スライスポテトをトッピングしたマルタ風ピザの「フティーラ」もおすすめだ。

アリオッタスープ
1600円

別名フィッシュスープとも呼ばれる名物料理。たっぷりの魚介の旨みがギュッと凝縮。米も一緒に煮込んでいるので食べ応えも充分だ

ポークフティーラ
1200円

ヒダをつけて折り込んだ独特の形状。具材はガーリックソテーした豚肉、トマトソース、チーズとシンプルだ。ジャガイモのカリッとした食感がアクセント

タコの赤ワイン煮込み
1400円

赤ワインのどっしりとした風味の中にもオレガノやクミンの香りを利かせている

レストラン マルタの店舗情報

[住所]東京都港区新橋2-9-17 2階 [TEL]080-4378-9211 [営業時間]12時~15時、17時半~24時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝(貸切の場合は営業) [席]テーブル22席 計22席/禁煙席あり/予約可/カード可/サなし、パン代300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分

電話番号 080-4378-9211
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史や文化の繋がりを重んじるイタリア・トリノで修業した経験から、「日本の伝統食材、鯨肉も自分のスタイルで次世代に伝えたい」と積極的に取り入れているシェフの門脇さん。今回考えてくれた料理もご覧の通リのセンスの良さだ。
ショーケースの中には、ティラミスはもちろん、モンテビアンコやカンノーリなどのイタリアの伝統菓子、伝統をベースにモデファイされたオリジナルのケーキも並ぶ。
「ラッテリア ベベ カマクラ」は、鎌倉駅近くの路地の奥にある古民家レストラン。チーズ工房を併設し、出来たてチーズとともに、店内の専用窯で焼くナポリピザを味わえる店だ。
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。
get_app
ダウンロードする
キャンセル