MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
バー Bee (ビー)|バラエティに富んだ中華料理と合うのはふくよかなブレンデッド(バー/曳舟)

バー Bee (ビー)|バラエティに富んだ中華料理と合うのはふくよかなブレンデッド(バー/曳舟)

「バー Bee(ビー)」ではオーセンティックなバーでありながら本格中華のメニューが食べられる。都内広しといえどもここだけかもしれない。オーナーバーテンダーの山田隆之さんは、中華料理店で修業を積んだ料理人でもあるのだ。

バー Bee(最寄駅:曳舟駅)

バラエティに富んだ中華料理と合うのはふくよかなブレンデッド

 オーセンティックなバーでありながら本格中華のメニューが食べられるのは、都内広しといえどもここだけかもしれない。オーナーバーテンダーの山田隆之さんは、中華料理店で修業を積んだ料理人でもあるのだ。 中華料理と言えばハイボールが浮かぶが、今回はバーの王道、「デュワーズ」のハイボールをアレンジし、キーモルトである「アバフェルディ」をフロート。油のある中華料理を美味しく食べさせ、かつ上質なウイスキーの醍醐味を感じさせる作戦だ。この粋なアイデアにより、見事にブレンデッドの包容力を引き出している。

五目おこげ
1296円

海鮮の旨みたっぷり、ごま油が香るおこげは、炭酸が油をすっきりと切ってくれるハイボールがベストの相性

デュワーズ ソーダ割り
1188円

自家製焼売
864円

大きな「自家製焼売」は、国産の豚肉に帆立の貝柱を加えているので甘みと旨みが際立つ。ふんわりやわらかな食感に仕上げるのがコツだ。この一品には、複雑味とバランスが素晴らしい「バランタイン17年」を、ストレートではなくロックで合わせたい。ボリュームのある力強い焼売にも負けない味わいだ

バランタイン17年
1620円

バー Bee

写真:バー Bee(ビー)の店内

[住所]東京都墨田区東向島2-20-6 ☎03-3610-5508 [営]19時~翌3時 [休]日 [席]カウンター12席、テーブル6席、計18席/全席喫煙可/予約可/カード可/テーブルチャージ500円 [交]東武スカイツリーライン曳舟駅から徒歩3分

電話番号 03-3610-5508
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt