MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア(朝食ブッフェ/汐留)|主食がもりだくさんのパワフルな朝食を

三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア(朝食ブッフェ/汐留)|主食がもりだくさんのパワフルな朝食を

「楽しみになる朝食」と銘打ち、朝食に力を注ぐホテルの姿勢は、コスパの高さに直結している。 しかも、ホテルメイドの本格的なパスタ、ピザ、ホテルブレッドなどのパン類、冷やし讃岐うどん、カレーと主食がズラリ。

三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア(最寄駅:汐留駅)

何を食べるか迷うほどだ。 フロアでは常にスタッフが目を配り、声かけも多く、活気がある。そのおすそわけで、元気な1日を始められそうだ。

朝食ブッフェ
1人 1620円

和惣菜の味つけはやや濃い目で、これまたご飯が進む。エッグベネティクト(手前皿の左、ココット皿)も提供。

氷をあしらったサラダコーナーはみずみずしい印象で、野菜は約6種が並ぶ。またデザートはパインなどのフルーツやゼリー、プチケーキ2種も

インドの「パンジャブーカレー」が朝食に。アッサリしているが、スパイスの香りが立っている

三井ガーデンホテル汐留イタリア街 ラ・マレーア

東京都港区東新橋2-14-24 [TEL]03-3431-3108 [営業時間]6時半~10時(最終入店9時半) [休日]無休 [席]92席 全席禁煙/カード可/予約可(ランチ、ディナー、デザートブッフェのみ) サ/なし [交通アクセス]地下鉄大江戸線汐留駅から徒歩約7分

電話番号 03-3431-3108
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
外の緑が美しく、優雅で品のあるラウンジでは、大きなソファが置かれくつろげる。ここでは、ホテル自慢のアフタヌーンティーセットを予約したい。
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
予約必須の食パンが有名な超超人気店。けれど魅力はそれだけではない! 
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt