MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
和食 杣|地産の食材にこだわった本格和食を食す(和食/益子町)

和食 杣|地産の食材にこだわった本格和食を食す(和食/益子町)

東京・赤坂の料亭で修業を積み、3年前に地元益子へ戻り、父の後を継いだ店主の寺方祐助さん。祖父が木材屋を営んでいたこともあり、店内には今ではとても貴重な銘木が衝立としても使用されている。益子の器と確かな食の技術を感じさせる料理を堪能したい。和食 杣 (そま)[交]真岡鐡道益子駅より徒歩9分 ※ランチタイム有

和食 杣(最寄駅:益子駅)

食材は、信頼のおける宮崎県の業者から仕入れる魚介や、地場産の野菜や肉など選りすぐりのものを使用し腕を振るう。特に県指定の配合飼料を与えて育てられた貴重な『栃木ゆめポーク』を使用した「ゆめポーク山椒煮」が絶品だ。ピリッとした風味豊かな山椒とほどよい甘みのあるダシで、トロリと口溶けが良く柔らかく仕上げられている。さらに店主特製の手作りの七味と一緒に味わえば、山椒の香りと相まって風味が一層引き立つ。ご飯もすすむ逸品だ。 合わせる酒は地元栃木の日本酒をはじめ、他にも5〜6種類の日本酒が用意されており、益子焼のお猪口でいただくと、地の味の共演が愉しめる。日替わりのおすすめ料理は品数が豊富で、一つひとつの料理に手間ひまかけているのが伝わってくる。 そんな料理を盛る器は、店主自らが選んだ益子焼が中心。個性的でありながらシンプルなものが多く、ぐい呑みなどの酒器は、持ちやすく口当たりが良いものを使用している。銘木の温もりにあふれた落ち着きのある店内で、益子の器と確かな食の技術を感じさせる料理を堪能したい。

南瓜饅頭きの子あん掛け
780円

手前はカボチャを4種のキノコとカツオ風味のあん掛けでいただく「南瓜饅頭きの子あん掛け」。奥は「ゆめポーク山椒煮」

ゆめポーク山椒煮
880円

天狗茄子焼き
480円

さっぱりとポン酢でいただく

和食 杣

栃木県芳賀郡益子町大字益子2068-1 ☎0285-72-0931 [営]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時(21時半LO) [休]水 [席](1階)カウンター9席、テーブル6席×1卓、4席×5卓、6席×1室、10席×2室、(2階)20席×1室、60席×1室 計141席 禁煙席なし/カード不可/予約可/サなし、お通し100円~500円 [交]真岡鐡道益子駅より徒歩9分

電話番号 0285-72-0931
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt