MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[ホルモン千葉]の記事と写真|濃厚ホルモンにノックアウト(渋谷)

[ホルモン千葉]の記事と写真|濃厚ホルモンにノックアウト(渋谷)

京都の人気店[ホルモン千葉]が2016年7月9日に東京渋谷に初上陸。斜めに置かれた特製の鉄板でスタッフが焼き上げるカウンタースタイル。[交通アクセス]はJR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩約10分

perm_media 《画像ギャラリー》[ホルモン千葉]の記事と写真|濃厚ホルモンにノックアウト(渋谷)の画像をチェック! navigate_next

ホルモン千葉 渋谷店(最寄駅:渋谷駅)

コク塩と黒ダレが味の決め手濃厚ホルモンにノックアウト

 オリジナリティあふれる濃厚ホルモンが楽しめる。初めて訪れるなら、「千葉のコース」(1人前2800円)を注文したい。ニンニクを利かせたコク塩ダレでマルチョウやアブタンなどを堪能したら、お次は濃厚な黒ダレ。特に脂身たっぷりのホソとの相性の良さは超弩級で酒が進むことこの上ない。締めの玉(うどん又はそば)も絶品だ。最後まで脳天を突き抜けるような旨さの連続で、感動すること間違いなし。

千葉のコース
2800円

黒ダレで焼くのはアブシン(心臓)、ホホニク(コメカミ)、ホソ(小腸)、アカセン(第四胃)。味噌と数種類の砂糖、洋風ソースをブレンドした黒ダレは濃厚かつ複雑な旨みがある

コク塩

コク塩は赤(中落ち)、マルチョウ(小腸)、アブタン(豚舌)、タンコリ(喉)、ツナギ(首)の5種類。名脇役の細モヤシはシャキシャキの歯応えでお替わり自由

うどん

京都では客の6割以上がうどんを頼むそう

ホルモン千葉 渋谷店

■『ホルモン千葉 渋谷店』
[住所]東京都渋谷区宇田川町37-12
[TEL]03-3485-3257
[営業時間]17時~23時LO
[休日]無休
[座席]カウンター14席 計14席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代300円別
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩約10分

電話番号 03-3485-3257
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ぷるんつるんの姿が艶めかしいホルモン。刺しならばその美肌のまま堪能でき、網の上で焼けばバチッと音を立てながら湛えていく脂の甘みを満喫できる。果ては隅々まで食べ尽くすコース仕立ても。官能的なホルモンの世界へ誘う名店5選をご紹介!
プリップリの牛モツと麻婆豆腐が出合ったキセキのひと皿! 新鮮な国産ホルモンが自慢のキッチンストリートの繁盛店、もつ焼き酒場が生んだ名物メニューだ。
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル