MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[あまがさき ポッサムチプ] 神戸の焼肉名店の真髄を尼崎で堪能(焼肉/阪神尼崎)

[あまがさき ポッサムチプ] 神戸の焼肉名店の真髄を尼崎で堪能(焼肉/阪神尼崎)

[あまがさき ポッサムチプ] のグルメ記事と写真のページ。JR兵庫駅のほど近く、関西の焼肉好きなら知らない人がいないといわれる名店『ポッサムチプ』。その姉妹店が尼崎に誕生した。[交通アクセス]阪神尼崎駅北口から徒歩2分

perm_media 《画像ギャラリー》[あまがさき ポッサムチプ] 神戸の焼肉名店の真髄を尼崎で堪能(焼肉/阪神尼崎)の画像をチェック! navigate_next

あまがさき ポッサムチプ(最寄駅:尼崎駅)

神戸の名店のDNAを受け継ぐ焼肉の真髄を尼崎で堪能できる

オーナー自身がポッサムチプに約10年、1年に50回以上も通いつめた熱狂的ファン。つまり好きすぎて自分で店を持つに至ったというから驚きだ。こちらも島根県の松永牛など共通のルートで仕入れる国産黒毛和牛をはじめ、様々な味付けで多彩な部位を楽しめるコースなど、本店をしっかりとリスペクト。自家製の燻製醤油や燻製オリーブオイルなど、肉の旨みを際立たせる尼崎店ならではのアイデアも光っている。

くらした火肉山
100g1600円~(写真は500g)

焼き網を覆うほど大きな1枚肉は、その立ち姿から”かざん”の名がついた名物メニュー。部位や銘柄は仕入れにより変わり、この日の松永牛はおからやもろみを飼料に加えて飼育。旨みや口溶けのよい脂、肉の柔らかさなどが魅力だ。お客の約7割が注文するコースでは肉のラストを務め、ご飯が進むタレ焼きで供される
※一枚約250g~450gのお肉、仕入れ状況により、部位、値段が変動します

ハネシタ
1728円

仕入れで変わる黒板メニューから。どちらも脂ののった部位ながら、さっぱりした甘みの近江牛は、しつこさがゼロ。わさび塩で味わいたい

ミスジ
1728円

あまがさき ポッサムチプの店舗情報

[住所]兵庫県尼崎市神田北通1-7-1 阪神尼崎駅前第29ビル9階 [TEL]06-6423-7998 [営業時間]17時~23時(22時半LO) [休日]火曜日 [座席]テーブル6席×4卓、4席×4卓、掘りごたつ6席×2卓、VIP個室8席 計60席/全席喫煙可/カード可/予約可/サなし、お通しなし [アクセス]阪神尼崎駅北口から徒歩2分

電話番号 06-6423-7998
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
部位ごとの特性を生かし甘みや旨みを最大限に引き出した奥深さを堪能できるタン!
国内総輸入量の約1%という、希少なアイスランドラムを提供。肉としての旨みが濃く、繊細な肉質で脂もスッキリとしている。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル