SNSで最新情報をチェック

コロナ禍にオープンしたにもかかわらず、仙台ののんべえ達から支持されにぎわっている立ち飲み店がある。しかも、立ち飲みの営業前にサンドイッチを販売し、そちらもSNSをにぎわせているらしい。どんな店なのかを探ってみた。

画像ギャラリー

女性や立ち飲みデビューにも安心なとっつきやすさ

SNSやグルメレビューサイトで仙台市内の飲食店を調べていた時、やたらと目につく店があった。それが『スタンドオオトモ』だ。ネット情報によれば、地元である仙台にUターンした兄弟が切り盛りする、壱弐参(いろは)横丁内の立ち飲み店

壱弐参(いろは)横丁は、戦後の復興期、中央公設市場としてスタート。それから約70年、今でも75軒の飲食店が立ち並ぶ。その中で、『スタンドオオトモ』「安くて旨い」「コスパ最高」「女性でも入りやすい」などなど、高評価なクチコミが並ぶ

「2021年5月にオープンしたので、この店はコロナじゃない時期を知らないんですよ」と、笑いながら語ってくれた兄で店主の大友肇さん。関東で会社員をしていた時に川崎や横浜・野毛などを飲み歩き、ディープな酒場の文化に心酔し、「いつか地元で、自分たちが行きたいと思う店を」の夢をかなえた。開業するにあたり、大友さんがこだわった立地条件は横丁内であること

「うちで飲んだあとに違うジャンルの店に行って雰囲気を変えるとか、横丁はハシゴが楽しめますからね」。

昭和の薫り漂う横丁内で、もしかして“映え”を意識している? と思わしきインテリアが気になる。

「店の前のベンチや店内のネオンライトのことですか? 僕が派手なのが好きなだけで、映えも女子ウケも全く意識してません! フタを開けてみたら女性のお客さんが多くて、逆に驚いてるくらいです」

横丁には屋根がかかっていて少々暗いため、とにかく明るくクリアな店にしたかったと語る。ちょっとレトロで大きなガラス戸は、女性おひとり様や一見さんでも入りやすい雰囲気作りにひと役買っているようだ。

ポップなのれんと、ミントグリーンのベンチが目印
ポップなのれんと、ミントグリーンのベンチが目印

次のページ
グビグビ酒が進むパンチのあるメニュー揃い...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...