SNSで最新情報をチェック

9月20日は秋のお彼岸の入りです。お彼岸といえばお供え物やお土産におはぎを連想する方が多いと思います。粒あん、こしあん、きなこなど、色々なタイプがありますが、皆さんはどのようなおはぎがお好みでしょうか。

画像ギャラリー

個人的には大手スーパーマーケット「ヤオコー」の手握りおはぎ「あずき香る粒あんおはぎ」(1個106円税込)が大好物です。

ふっくらとしたもち米に、小豆感の際立った粒あんがたまりません。「ヤオコーのおはぎ」はファンが多く、もはや「老舗和菓子店の味」と言っても過言ではないでしょう。

発売から18年が経つおはぎは、現在175店で、1日計28000個を販売(1店舗平均で約1日160 個販売)、8月のお盆には、1日約6000個販売するお店(群馬県・富岡店)もあったそうです

ヤオコーの中でも、このおはぎを握ることができるのは「おはぎ検定」に合格した人のみというルールがあります。量販店と侮れるなかれ、ヤオコーのおはぎが愛される秘密に迫ります。

そもそもヤオコーとは?

ヤオコー(本社・埼玉県川越市)は関東1都6県のエリアで展開するスーパーマーケット。

1890年に埼玉県小川町で青果商「八百幸商店」を創業したことに始まります。現在、175店舗を営業中です。

プライベートブランド(PB)商品も多く、おはぎ以外にも中華まん、カステラ、プレミアムハンバーグも絶品です。

余談ですが、社歌「明日への翼」は多くのCMソングを生み出した小林亜星さん(2021年没)の作曲(作詞はさがらよしあきさん)で、毎朝の開店準備時に流し、従業員の気持ちを盛り上げています。

次のページ
「さいち」に感動、ヤオコーでもおはぎを看...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...