SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・西麻布にある焼き鳥店『晩鶏』です。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

身も心も胃袋までも跪く 名物団子の圧巻の旨み

何しろ私は焼鳥が好きなもんで、職人の美学が詰まったその1本をもはや神の如く崇める人間だ。

だってですよ、『晩鶏』の場合。選んだ銘柄はしっかりした肉質の千葉・水郷赤鶏。食べ応えや食感を計算した串打ちは焼く前から美しく、例えばレバーはほどよいレアの中心部からグラデーションになるよう施す絶妙な火入れ……それら技の結集が目の前に現れたら、そりゃあもう拝む訳です。

晩鶏六本コース2310円

晩鶏六本コース2310円より、左上から時計回りに、野菜串一種、もも、団子、手羽、ささみ、レバー
均一に焼くため厚みなどフラットになるよう串打ち。ササミはほんのりレアでやさしい味わい。団子は名物のひとつで、主に使うのは骨周りの肉。マグロに例えると中落ちの部位で奥深い旨み。炭の配置で作る火力の強弱を使い分け熟練の技で焼く。希少部位も揃う

とりわけ団子が圧巻だ。丸鶏を捌く際にこそげ取る骨周りの肉など7種の部位を使うそれは、むちむちっ、コリッ、じゅわ~と味わいの三段活用。頬張るや神々しい旨み破裂。そんな美味の神々、西麻布で会えます。

『晩鶏』

『晩鶏』の店舗情報

[住所]東京都港区西麻布1-14-2疋田ビル1階
[電話]03-6804-1759
[営業時間]17時~23時(22時LO)※政府の要請で変更あり
[休日]日
[交通]地下鉄千代田線乃木坂駅6番出口から徒歩7分

撮影/大西尚明、取材/肥田木奈々

※2022年4月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...