SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

週刊漫画誌「モーニング」(講談社発行)で連載中の「クッキングパパ」は、主人公のサラリーマン荒岩一味が、得意の料理の腕を振るって、家族や同僚らとの絆を深めるストーリーが人気。

著者のうえやまとちさん自身が、試行錯誤を繰り返しながら作り上げた自信作のオリジナルレシピを、詳細なイラストと臨場感あふれる筆致で紹介しています。本欄では3月3日号で通算1600話を突破した膨大なエピソードのなかから、毎週1つを取り上げ、その料理にまつわる四方山話をお届けします。

長引くコロナ禍で、自炊をする人が増えているいま、「クッキングパパ」を参考に料理を作って食べて楽しんでみませんか。第15回目は、「サクランボ」です。

“クッパパ”荒岩流チェリータルトは「分量」と小麦粉&砂糖の鉄則が美味しさの秘密

まるで真紅の輝きを放つルビーのような「果物の宝石」サクランボが実る季節になりました。愛らしい実をそっと頬張ると、甘酸っぱいジューシーな果汁が口の中いっぱいに広がり、得も言われぬ幸せに包まれます。

なかでも、初めて実を結んでから100年になる最高峰「佐藤錦」は、6月後半にかけて旬を迎えます。みずみずしいサクランボが手に入ったら、ちょっと贅沢なクッキングパパ「COOK.130 中年四銃士のチェリータルト」に挑戦してみましょう。

タルトとは、焼き上げた生地の器の中にクリームを入れて、季節のフルーツをのせたフランス菓子です。サクサクした食感の生地に、甘さ控えめのクリームと新鮮なフルーツの“三味一体”が特徴です。ティータイムのお供に、気取らない手土産にも喜ばれそうです。

お菓子作りの鉄則は、【1】分量をきちんとはかる 【2】小麦粉、砂糖などは必粉ふるい器にかけ、ダマがないよう必ずふるってから使う――これに尽きます。あとは時間と温度を設定してオーブンに入れておけば、うまい具合に焼き上げてくれますので、気軽にチャレンジしやすいのではないでしょうか。

サクサク生地は手早く、しっとりムースは慎重に

まずは、生地作りから。バターは、冷蔵庫から出したばかりのよく冷えた硬いままをボウルに入れ、室温で溶かさぬよう手早く細かく切ります。砂糖→小麦粉の順に、粉ふるい器でよくふるいながら加えていきます。

さらに卵も入れ、泡立て器ではなく箸でよくかき混ぜ合わせます。最後に手で強くもみ込むようにひとまとめに整えたらラップで包み、冷蔵庫で充分寝かした後、タルト型に素早く均等に伸ばしていきます。オーブンに入れる前に底が盛り上がらぬよう、フォークで所々に穴をあけるひと手間もお忘れなく。

生地を15分前後焼いて充分に冷ましている間、流し込むムースを作りましょう。

なめらかな舌触りになるために、下ごしらえはひとつひとつを慎重に。最初に温めた牛乳に砂糖を完全に溶かしきって60℃以下まで冷ましたら、予めふやかしておいた粉ゼラチンを入れて溶かします。

生クリームは使う直前まで冷蔵庫で冷やして。泡立てる目安としては、持ち上げるとクリームがつーっと細いひも状に垂れ落ちる状態です。

最後に、ヨーグルトや香りづけのレモン汁、ホワイトキュラソーすべてをよく混ぜ合わせて、焼き上がったタルト型に流し込みます。この際、後からのせるサクランボでかさが増すのを考慮して、8割程度にとどめて。また、せっかくのせたサクランボがムースの中に沈み込まぬよう、かたまり具合をよく見極めてからのせてくださいね。

次のページ
お花見の桜からサクランボは収穫できる?...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...