SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。2021年6月には、連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)が刊行されました。単行本未収録の雑誌掲載作を『おとなの週末Web』で特別公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。

※漫画は、画像ギャラリーでもご覧になれます

「和風ということでニンニクはなし」

ご紹介するのは、「日本酒に合う和風アヒージョを作る!」の回(『おとなの週末』2021年7月号掲載)。アヒージョとは、スペイン料理のひとつです。アヒージョの作り方をホームページ(HP)で公開しているケンコーマヨネーズによると、「オリーブオイルとニンニクで食材を煮込んだ料理」のこと。「スペイン語で『小さなニンニク』や『刻んだニンニク』を表す言葉でしかなく、料理のことを指す場合は『食材名+アル アヒージョ』となります」(同HPより)といいます。

ラズウェルさんが挑戦したのは、アヒージョでも、「和風」というのがポイント。漫画の中でも説明していますが、「和風ということでニンニクはなし」が前提です。そもそも、ニンニクを入れなくても、アヒージョになるのでしょうか? この点を尋ねますと―――。

「アヒージョは、ニンニク風味があるのが肝ではあるんですけど、日本料理ではニンニクを基本、使わないので、この際『なし』ということにしたいなと。ニンニクを入れると、そっちに引っ張られてしまうので、日本らしさが失われてしまいますから。思い切ってそこは、やめたんです」

コツは薬味や調味料

またまた、疑問は湧きます。オリーブオイルだけでも、大丈夫なのでしょうか? こう重ねて聞きますと―――。「低温のオイルで、じっくり温めるので、アヒージョという感覚にはなりますよね」という答えでした。

ただ、ニンニクを入れないアヒージョを作るに際しては、コツがあるそうです。「薬味や調味料を加えるということです。わさびだったりですね。今回、『ちりめん山椒』を試しましたが、山椒がそれになります。薬味を付け足すことで、アヒージョらしさを保てます。薬味と調味料ですね」

今回試した具材は、「シイタケ」(塩・七味唐辛子)、「ナメコ」(塩・七味唐辛子)、「納豆」(塩・カラシ)、「カニカマ」(塩・柚子こしょう)、「チクワ・カマボコ・ナルト」(塩・ショウガ)、「マダコ(茹で)」(醤油・わさび)、「ちりめん山椒」、「鶏ササミ」(塩・わさび・大葉)の計8パターンです。

漫画の最終コマには、和風アヒージョおすすめベスト3として、美味しかった料理の順位を載せています。そして、漫画の途中では、「ひ~~っ」という叫び声とラズウェルさんが顔をしかめる描写とともに「予想外の大敗北」と表現した具材も。改めて、どれほど不味かったのか聞くと、「こんなにひどくなるとは。イマイチとかじゃなく、本当にまずい。こんなにまずくなるとは、夢にも思いませんでした」とのこと。ぜひ、漫画でご確認ください。

ちなみに、今回のアヒージョは、「ウチの晩酌で登場機会の多い日本酒に合わせた」(ラズウェルさん)といいます。ラズウェルさんに、自宅でよく飲んでいる日本酒の銘柄も教えてもらいました。ひとつは、広島県呉市にある盛川酒造の「白鴻(はくこう)」の純米、もうひとつは鳥取県境港市にある千代むすび酒造の「千代むすび」の純米吟醸でした。ぜひ、味わってみたい銘柄です。

次のページ
『グルメ宝島』には連載20回分を収録...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...