SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

カレーパンや焼きそばパンに代表される惣菜パン。パン屋さんに欠かせないジャンルですが、今大きく進化中。生地で個性を出したり、具材の妙で唯一無二のパンに仕上げています。旨面白い最新4軒をご紹介!

『PARKER-HOUSE-BUTTER ROLL(パーカーハウス バターロール)』@茅場町

半年以上、試作を重ね完成したバターロール

バターロールの定義とは「生地にバターが入っている」こと。だからこそ「決まりがなくて面白い」と話すのは商品開発を担当する八木さん。イタリアンのシェフとして培ったセンスで、バターロールとさまざまな食材を組み合わせている。

ベーコンとほうれん草のポテトサラダ380円、スパイス香る野菜マリネと粗挽きソーセージ380円、グリル野菜&やわらかタンドリーチキン380円、トリュフ香る海老とキノコのタルティーヌ380円

手前から、ベーコンとほうれん草のポテトサラダ380円、スパイス香る野菜マリネと粗挽きソーセージ380円、グリル野菜&やわらかタンドリーチキン380円、トリュフ香る海老とキノコのタルティーヌ380円
ほうれん草のペーストをポテサラに混ぜ、鮮やかな色みを出すため仕上げにバーナーで炙る。ベシャメルソースとトリュフペーストがのったタルティーヌは、エビとキノコの食感が抜群

個性あふれる惣菜パンは、まるでひと皿の料理を食べたような満足感があるのが魅力。例えばソーセージと合わせるのは、クミンの香りが際立った紫キャベツのマリネ。パンの甘みとソーセージのジューシーな脂であふれる口の中を酸味でスッキリとさせてくれる。そのバランスが秀逸なのだ。

ココが進化系!

すべてのパンはバターロールと同じ生地ながら、形状や組み合わせる素材によって表情が変わるから面白い。タルティーヌはワイン、タンドリーチキンはビールと、お酒にも合うように作られているのもお見事!

『PARKER-HOUSE-BUTTER ROLL(パーカーハウス バターロール)』

[住所]東京都中央区新川1-1-7 GEMS茅場町1階
[電話]03-6262-8484
[営業時間]7時半〜19時、土9時〜17時※イートインは30分前LO
[休日]日・祝
[交通]地下鉄東西線ほか茅場町駅4b出口から徒歩2分

『野菜が主役のベーカリー 草鞋(わらじ)』@阿佐ヶ谷

パンというより野菜を食べている感覚に陥る

農家から届く旬の野菜を使った“野菜が主役”のパンを提供。メインの小麦粉は「はるゆたか」で、もちもち食感と甘い香りが特長だが、ここではあくまで甘みや旨みのある野菜の引き立て役。

しいたけ侍340円、アスパラねじねじ340円、大葉のリュスティック250円

手前から時計回りに、しいたけ侍340円、アスパラねじねじ340円、大葉のリュスティック250円

レシピを考案する大越さんは元・イタリアンシェフ。ポルチーニクリームソースを入れたり、大葉をジェノベーゼソースにしてリュスティックに混ぜるなどアイデアが光る。自身も野菜づくりの傍ら規格外の野菜も活用するなど、野菜への深い愛情が伝わってくる。

ココが進化系!

旬の野菜をふんだんに使用し季節を感じられる。カレーパンは玉ネギやニンジンなど一般的な野菜のほか、レンコンや豆など食感がいいものを入れ、さまざまな野菜の個性を堪能できる。完全ヴィーガン対応のパンも。

『野菜が主役のベーカリー 草鞋(わらじ)』

[住所]東京都杉並区阿佐谷北1-35-5 ヴィラージュ1階
[電話]非公開
[営業時間]11時〜売り切れ次第終了
[休日]不定休
[交通]JR中央線阿佐ヶ谷駅北口から徒歩7分

次のページ
『田中惣菜店』@西小山...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...