SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

7月15日公開の映画『ボイリング・ポイント|沸騰』は、英ロンドンにある実在のレストランを借り切って撮影された臨場感あふれる映像で、観客を圧倒します。監督は元シェフ。厨房に立つシェフやスタッフはどんな思いで、調理し、客に接しているのか。高級レストランの混乱の一夜を、さまざまな人間模様を織り交ぜて描く迫真のドラマです。

監督の友人の人気レストランが撮影現場

ロンドン東部のダルストン地区にあるカジュアルなレストラン「ジョーンズ&サンズ」。日曜日は、人気の「サンデーロースト」を目当てに、多くの客で賑わうそうです。ダルストン地区は、クリエイターらが集まる流行に敏感なエリアとして知られています。

フィリップ・バランティーニ監督の『ボイリング・ポイント|沸騰』は、この実在のレストランで撮影されました。レストランのオーナーは、バランティーニ監督の友人。本作の主人公は、友人の名前を借りて「アンディ・ジョーンズ」と名付けられました。

実はバランティーニ監督自身も、12年ものシェフ経験がある元料理人です。「ジョーンズ&サンズ」で働いた経験も。以前から、過酷な労働環境や職場での様々なハラスメントなどレストラン業界で働く人々のストレスフルな状況に疑問を持ち、2019年に同名の短編映画を発表。これが映画祭で賞に輝くなど高評価を得て、今回の長編バージョンにつながりました。

明かされるレストラン業界の内幕

物語は、主人公アンディの“苦悩”を軸に進みます。ロンドン屈指の人気レストランの共同オーナーでシェフを務める恵まれた立場ですが、最近は妻子と別居するなどプライベートは絶不調。そこに、悩みがさらに増える出来事が……。

オーナーシェフのアンディ。映画『ボイリング・ポイント|沸騰』(C)MMXX Ascendant Films Limited

クリスマスを控えた金曜の夜、多くの予約客を迎えるための準備で忙しい店内に、衛生監視官が抜き打ちの検査に入ります。結果は、不備が見つかって安全評価が「5」から「3」に。衛生管理ファイルの記載漏れというアンディの失態が原因でした。食材を発注し忘れるなど自身のミスが重なり、スタッフたちとの関係もぎくしゃくした状態に。そんなトラブル続きの中でその日の営業が始まり、テレビの料理番組で人気のスターシェフ、アリステアが来店すると知ったアンディは不安を覚えます。元同僚のこのライバルが、自分の料理にどんな感想を漏らすのか。注文の鴨料理を、アンディ自らテーブルに運びますが……。

映画の中で出てくる料理。映画『ボイリング・ポイント|沸騰』(C)MMXX Ascendant Films Limited

待遇に対して次第に不満を募らせていく優秀な女性副料理長、白人男性客の心ない言動に傷つく若い黒人女性のフロア係、スタッフたちと信頼関係で溝を深める共同経営者の娘の支配人、厨房スタッフの遅刻、そして客が食材アレルギーで発作を起こすという大問題が発生し……。次から次へと困惑する事態が起こり、本来なら優雅に食事を楽しむ空間が、まさにタイトルにあるように“沸騰点”に達したような混沌とした状態に陥ります。

次のページ
驚異の90分間ワンシーン・ワンカット そ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...