SNSで最新情報をチェック

2020年から始まった、栃木県鹿沼市のご当地グルメ「かぬまシウマイ」。市内の飲食店で提供される中、地元のスーパー『ヤオハン』でもオリジナル焼売を開発・販売しています。一体どのような焼売なのか。そして、どれくらい人気なのか。調査しました。

画像ギャラリー

鹿沼の新名物「かぬまシウマイ」を開発

2020年から焼売で街おこしをスタートさせたのが、栃木県の鹿沼市。宇都宮市のすぐ隣にあり、車でも30分ほど。イチゴとニラが特産品で、ゴルフが数多くあることで有名だ。加えていうなら、特産品などを販売する「まちの駅」が日本一多いとか。

そんな土地でなぜ焼売? その疑問、ごもっとも! 理由は宇都宮餃子に対抗……、ではなく意外や意外、「シウマイ弁当」でお馴染み『崎陽軒』の創業者の出身地だからなのだ。そのため名称も“焼売”ではなく、崎陽軒スタイルの“シウマイ”が正式

新たな街おこしになるか「かぬまシウマイ」
新たな街おこしになるか「かぬまシウマイ」

商工会議所が中心となったこの取り組みに、街にある飲食店が次々に参加し、今では60ほどの店でオリジナル焼売、もといシウマイを打ち出している

その街おこしに鹿沼を中心に10店舗を構える、ご当地スーパー『ヤオハン』も協力して自社でシウマイを開発した。

『ヤオハン 東町店』
『ヤオハン 東町店』

次のページ
王道だけじゃない進化系もラインナップ!...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...