SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

焼売を肴にグイッと一杯もいいけれど、昔からある街の中華の焼売だって美味揃いだ。ここでは、中でも焼売が名物となっているお店をピックアップ。庶民派~ちょっと贅沢店まで、気軽にパクりと頬張りに出かけよう。

『中華居酒屋 千の香』 @大塚

豚肉ともち米の旨みが凝縮した奥深い味わい

あまり知られてないイイ店ほど入りにくかったりするものだ。この店も同様、地元感満載の佇まいは常連の知人情報がなければ通り過ぎていたに違いない。そんなある日の品書きで運命的に出合ったのがご覧の焼売。

焼売(糯米)660円

『中華居酒屋 千の香』 焼売(糯米)660円 豚挽き肉と炊いたもち米の肉種。味がしっかり付いていて甕出しの紹興酒に合う。品書きにない日もあるので見つけたら迷わず注文を

具は豚肉ともち米だけ。あえて玉ねぎ類は入れず、中国の溜まり醤油で味を付ける。これが肉感ありつつ食感軽やか。米粒まで染みた肉の旨みにゾッコンだ。

それにしても改めて品書きを見直すと、本格中華から創作つまみ、珍しい野菜の料理まであり楽しいったらない。「自分の目で見ていい食材を仕入れてるよ」。

気さくな店主の李さんは上海出身で薬膳の造詣も深い。彼のイメージ通りに料理を作る同郷のチーフの腕もまた見事。大塚に住みたいなあ。

『中華居酒屋 千の香』

[住所]東京都豊島区北大塚2-11-2
[電話]03-3916-5716
[営業時間]17時~24時半頃、日 15時~21時頃
[休日]無休(年末年始は休)
[交通]JR山手線ほか大塚駅北口から徒歩1分

『広東料理 Foo(フー)』 @松陰神社前

確かな技術で生み出す美味が口福を呼ぶ焼売

店名はFoodの「Foo」、ひと息つく「ふぅ」、そして広東語で「福」を意味する発音「フッ」からイメージしたという。その名の通り店主の林さんが作る料理はどれも口福を呼ぶ美味ばかり。

中国・広東料理の名店「聘珍楼」で経験を積んだ確かな技術が評判だ。真摯な姿勢は定番の焼売にもしっかり宿る。実はこれ、リピート率の高い逸品。

干し貝柱入りシュウマイ 2ヶ440円

『広東料理 Foo(フー)』干し貝柱入りシュウマイ 2ヶ440円(写真は5ヶ1100円) 具は手切りの肩ロースと粗挽き肉、包丁で叩いたエビ。玉ねぎの自然な甘さがいい。ますはそのままで。黒胡椒+酢で味わう常連客も

広東式は豚肉とエビの具が基本だそうだが、ここでは種が締まり過ぎないよう玉ねぎも入れて柔らかさと甘みをプラス、干し貝柱を戻し汁と共に加えてコク深く仕上げている。

他にも五島列島直送の鮮魚の姿煮など素材を生かした味は染み入る旨さ。熟練の腕で生み出される豊かな恵みの食の幸せが、心身に活力を与えてくれる。

『広東料理 Foo(フー)』

[住所]東京都世田谷区若林3-15-3
[電話]03-5432-9598
[営業時間]12時~14時LO(ランチは日・月・水・金)、17時~22時LO
[休日]火
[交通]東急世田谷線松陰神社前駅から徒歩3分

『上海 四川料理 廣安』 @広尾

口いっぱいに旨みが充満する看板の大焼売

ズシリと1個約80gの圧倒的な存在感。宙を舞う甘い香りも全部逃さず吸い込んでひとり占めしたい。いやあ、かつてこれほど焼売にときめいたことがあったろうか。

廣安名物 大シュウマイ 900円(3ヶ)

『上海 四川料理 廣安』 廣安名物 大シュウマイ 900円(3ヶ) 子供のこぶし大ほど。昼はお得なセットもある。田部さんが料理長をしていた銀座の店で20年ほど前に考案したレシピをアレンジした

蒸籠の中で誇らしげに輝く至宝、名物「大シュウマイ」である。単に大きいだけじゃない。豚モモ肉の粗挽きに手切りの背脂を入れることでゴロッとした肉々しさと肉汁のジューシー感を表現。

長ねぎと干し貝柱で独特の甘みと旨みを補う。さらにクワイのシャクッと小気味いいアクセントが加われば、もうシビレルほど完璧な組み立て……完全にヤラレました。

味のバランスと食感へのこだわりは全メニューに共通だ。ぷるんと舌の上で踊るフカヒレの茶碗蒸しなど、食べずに帰れぬ名作が揃う。

『上海 四川料理 廣安』

[住所]東京都渋谷区広尾5-23-2 広尾センターハイツ108
[電話]03-6277-2623
[営業時間]11時半~14時、17時半~22時半(21時LO)、日・祝 17時半~22時(20時半LO)
[休日]月
[交通]地下鉄日比谷線広尾駅2番出口・JR山手線恵比寿駅東口から徒歩8分

次のページ
『海上海』 @根津...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...