×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

あずきで60年。井村屋が新たな市場開拓を目指す新商品

今年2022年で発売60周年を迎えた「ゆであずき」をはじめ、あずきといえば名が上がる「井村屋」。

チョコレートをはじめ、近年のお酒を使ったスイーツの人気に着目。手軽にお酒とあんこを楽しめる商品として開発されたのが、「ラム酒香るあんこ」「日本酒香るあんこ」

「ラム酒香るあんこ」は、ジャマイカ産のダークラム「マイヤーズラム」と「ラムレーズンミンチ」を使用。アルコール分0.5%未満だ。

「ラム酒香るあんこ」(162円/編集部調べ)
「ラム酒香るあんこ」(162円/編集部調べ)

「日本酒香るあんこ」は、なんと井村屋が自社製造している「福和蔵 純米吟醸」のお酒と酒粕を使用。こちらはアルコール分0.8%未満だ。

「日本酒香るあんこ」(162円/編集部調べ)
「日本酒香るあんこ」(162円/編集部調べ)

パッケージには「そのまま食べる」と書かれていて、スプーンにのせてペロッと食べるスタイル。さて、その通りにそれぞれパクッ。

「ラム酒香るあんこ」は、あんこの甘さのあとに、ラムの甘い香りがやってくる。あんこながら、洋菓子を思わせる後口。

「日本酒香るあんこ」をスプーンでひとすくい
「ラム酒香るあんこ」をスプーンでひとすくい

続いて、「日本酒香るあんこ」。これは食べた瞬間から日本酒感が強い。酒粕の甘さが際立って、あんこらしさがラム酒より弱い。

「日本酒香るあんこ」をスプーンでひとすくい

いずれもあずきの粒が残っていて、このままつまみとしてもいける。いずれも、あんこを少量口に含みつつ、日本酒で流し込むのも悪くない。甘みがスーッと流れていき、口中をきれいにしてくれる。

日本酒と「日本酒香るあんこ」
日本酒と「日本酒香るあんこ」

ウイスキーでも試したが、度数の高いものだったからか「ラム酒香るあんこ」はウイスキーが勝ってしまって存在感がなくなる。「日本酒香るあんこ」は酒粕の強い甘みを流していき、日本酒と合わせたときと同じような結果に。

ウイスキーと「ラム酒香るあんこ」
ウイスキーと「ラム酒香るあんこ」

さて、カップに残っているあんこ(内容量は76g)をこのまま食べるだけでは面白くない。ちょっとアレンジをして食べてみよう。

次のページ
クラッカーやチーズと合わせておつまみ気分♪...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

編集部えびす
編集部えびす

編集部えびす

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…