SNSで最新情報をチェック

4月から新年度となり、大手アイスメーカー(お菓子メーカー)各社のアイスや人気お菓子の値上げに関する報道が相次いでいます。ゴールデンウィークに入り、夏への準備が進む中で、価格の変動による「冬の時代到来」とも言える事態が起こっています。

画像ギャラリー

しかし、そんな中で九州最大手のアイスクリームメーカー丸永製菓は、3月に関東工場(栃木県さくら市)の製造能力を約1.5倍に増強すると発表。年内をめどに、敷地内に大型の物流冷凍庫も建設する予定であることが明らかとなり積極的な投資に踏み切る姿勢を見せています。総投資額はなんと20億円超だそうです。

国内メーカーで初めて米コカ・コーラ社とライセンス契約を締結して開発した4月26日(火)にコンビニ先行販売された新商品「ファンタ グレープ アイスバー」も手掛けています。※5月16日(月)から一般販売。

炭酸飲料の「ファンタ グレープ」も飲みたくなる味わいで、まさにキンキンに冷えた「ファンタ グレープ」の味そのものだ! 丸永製菓の味へのこだわりや気遣いがとてもよく伝わる商品です。※「FANTA」と「ファンタ」はThe Coca-Cola Companyの登録商標です。


丸永製菓の本社は福岡県久留米市東櫛原町。1933年創業でもともとは和菓子店だったが、一般家庭に冷蔵庫が広まり始めた1960年にアイスクリーム作りを開始した老舗アイスメーカー。アイス製造に将来性を見出した丸永製菓は和菓子をモチーフとしたアイスを考案したのがはじまり。創業者は和菓子職人で、冷凍しても硬くならない“あんこ”の開発に成功しました。

あいすまんじゅうの製造現場

蓋をするようにアイスミックスを入れアイス棒を挿入し-38℃のレーンを通過して完成させます。
今回は、「丸永製菓 関東工場」をご紹介しながら今年で60周年を迎えた「あいすまんじゅう」を前篇とし、50周年を迎えた「白くま」を後篇として「おとなの週末WEB」限定でお届けします。

丸永製菓関東工場

丸永製菓の看板商品は、1962年から発売されているロングセラー商品「あいすまんじゅう」。濃厚なアイスクリームの中に北海道産小豆を使用したやわらかい小豆あんが入っています。ずんぐりした形が特徴の棒アイスで「福岡県の県花である、梅の花の形なんです」と取締役の永渕寛司さんが教えてくれました。

次のページ
ずんぐりとした形の「あいすまんじゅう」に...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...