SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

今、パン屋さんのドーナツがアツい! 生地の美味しさはもちろんのこと、アレンジの上手さも絶妙なのです。2時間待ちの行列ができる『I’m donut?』をはじめ、ドーナツを提供するパン屋さんが増加。要チェックです!

◎パン屋発専門店『I’m donut?(アイムドーナツ)』@中目黒

あなたはドーナツ?と聞きたくなる新食感

口の中に入ると、ふわふわの生地がシュッと一瞬で消えていった。かつてない衝撃の食感!これを生み出したのは、表参道のベーカリー『アマムダコタン』の店主・平子良太さん。たまたまブリオッシュ生地を揚げてみたら美味しくてレシピを思いついたそう。

I’m donut?(アイムドーナツ) 205円

I’m donut?(アイムドーナツ) 205円
表面のきび糖はやさしい甘みでシンプルな生地を邪魔しない

生ドーナツと呼ばれるみずみずしさの秘密は、ローストしたカボチャを皮ごと練り込んだ生地。さらに、長時間低温発酵させることで気泡ができ、火が入り過ぎずにとろっと仕上がるのだ。

3月18日のオープンから長蛇の列が続き、平均2時間待ちというが、並んでもいいからまた食べたい!

『I’m donut?(アイムドーナツ)』

[住所]東京都目黒区上目黒1-22-10
[電話]非公開
[営業時間]10時〜20時※売り切れ次第終了
[休日]不定休
[交通]東急東横線ほか中目黒駅東口1から徒歩1分

※5月30日には、2号店として渋谷店がオープン! カウンターで注文する中目黒店と異なり、普通のパン屋さんと同じように、店内に並ぶドーナツを自分で選ぶことができます。種類も多く、スイーツ系から食事系まで、約80種類のドーナツを用意しているそう。こちらもまだ連日長蛇の列とのことですが、要チェックです!

◎パン屋発専門店『ドーナツとコーヒーの店ハリッツ 上原店』@代々木上原

日常に寄り添う素朴でやさしい味

移動式カフェを経て、この店を立ち上げたのは、店主の豊田さんとお姉さんの姉妹。ふたりともパン屋での勤務経験があり、当時の売り上げ1位があんドーナツだったそう。キッチンカーの小スペースで作れるものと、コーヒーのお供に合うことから揚げパンベースのドーナツを選択。

抹茶あんこ270円(日替わり)

抹茶あんこ270円(日替わり)
こっくりとした甘さのつぶ餡が美味

発酵生地で作るため、ふんわりもっちり。じんわり広がる生地の甘みに癒やされる。この食感をキープし、油っぽくならないよう発酵具合を慎重に調整しているという。

8年前には台湾に進出し、現地でも大人気。美味しいものは万国共通なのだ。

『ドーナツとコーヒーの店ハリッツ 上原店』

[住所]東京都渋谷区上原1-34-2
[電話]03-3466-0600
[営業時間]10時~16時、土・日・祝11時半~16時
[休日]月、火不定休
[交通]小田急線ほか代々木上原駅南口2または東口から徒歩2分

◎一点勝負ドーナツ『ブーランジェリー・ジャンゴ』@水天宮前

サックリとしっとりの対比が楽し過ぎる!

数あるパンの中でドーナツは1点のみ。アメリカンダイナーがテーマのイベント用に作られたのが評判を呼び、お店でも提供を開始。今やお店の代表作のひとつになっている。

アップルサイダードーナツ260円

アップルサイダードーナツ260円
中がしっとりしているのは、バターをたっぷり使っているから

かじりつくと、サクッと軽やかな歯触り。中はしっとりとして、リンゴの深みのある甘みと香りがほのかに漂う。圧搾したリンゴジュースで作る本場の味に近づけるべく、果実丸ごと感が出るようリンゴジャムも加えられている。

「自分なりにひと捻りしないとね」とは、店主の川本宗一郎さん。旅先でインプットするユニークなアイデアが発想の源だ。

『ブーランジェリー・ジャンゴ』

[住所]東京都中央区日本橋浜町3-19-4
[電話]03-5644-8722
[営業時間]8時半~18時
[休日]水・木
[交通]地下鉄半蔵門線ほか水天宮前駅4番出口から徒歩6分

次のページ
◎ヴィーガンドーナツ『ユニバーサルベイク...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...