SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

東京の中心・日本橋に、能舞台を備えたユニークなレストラン&バーがあります。場所は、「日本橋のお稲荷様」として親しまれる福徳(ふくとく)神社の一角の地下。2022年6月にリニューアルしたばかりの“非日常”を体感できる『水戯庵(すいぎあん)』です。能の上演など日本の伝統文化に直接触れながら、「二十四節気七十二候」をもとに季節のうつろいを意識した絶品の和食と希少な日本酒が味わえる隠れ家のような粋な空間。人気酒蔵とのコラボイベントも話題になっており、9月20日からは山形の食材と銘酒を楽しむ「出羽桜」ウィークが始まります。

圧巻の能舞台、6月10日にリニューアルオープン

日本橋のエリアは、江戸時代の東海道の起点。ここから、京、大坂に向けて人や物が出て行き、逆に入ってきました。交通、物流の中心であり、商業地として栄えるとともに、文化の発信地としても発展しました。

水戯庵は2018年3月20日にオープン。コロナ禍などを受けた2020年春からの休業を経て、今年2022年6月10日にはリニューアルオープンし、日本舞踊や能などの伝統文化を間近で堪能しながら、こだわりぬいた料理やお酒が味わえるとして人気を集めています。

店内に入って驚くのは、老松を描いた鏡版を背景にした三間四方の能舞台。鏡版は、京都にあった観世流能楽師の片山家、京舞・井上家にゆかりがあり、老松の絵は狩野派の絵師が描いたものです。

7月下旬は、酒蔵との特別イベントとして「梵(ぼん)」ウィークが開催されていました。「梵」は、福井県鯖江市の酒蔵「加藤吉平(きちべえ)商店」=1860(万延元)年創業=が醸す銘酒。その逸品「梵」の珍しい銘柄の数々と、極上の和食とともに、店内の能舞台で上演される能を楽しもうという粋な趣向です。

この夜、披露されたのは、能「枕慈童(まくらじどう)」の一部。魏の文帝の家臣が、深山に湧く薬の水を求めて訪ねると、はるか昔の周の穆王(ぼくおう)に仕えた慈童という童顔の人物がいたというお話。慈童は穆王の枕をまたいだ罪でこの深奥の地に流されたが、枕に記された文言を菊の葉に写し、葉から滴る露の不思議な力で700年もの間を生きてきたといいます。

能「枕慈童」

この慈童を、金春(こんぱる)流能楽師の中村昌弘さんが演じていきます。笛は栗林祐輔さん、小鼓は鳥山直也さん、大鼓は佃良太郎さん、太鼓は大川典良さん、地謡は辻井八郎さんと井上貴覚(よしあき)さん。

上演は、食事の前に解説なども含めて40分ほど。能自体はおよそ20分でした。優雅で美しい舞と囃子、謡に、時間を忘れます。幻想的な雰囲気を堪能できました。“菊の露”は、不老長寿のお酒を表しているのだそう。「枕慈童」について中村さんは上演後に「この世の安寧を祈る内容です。能では、普段はお食事が出ないので、皆さんに(能を)楽しんでいただくとともに、美味しいものを食べて、美味しいお酒を味わって、元気になっていただければ」と、この特別イベントの魅力をアピールしてくれました。

金春流能楽師の中村昌弘さん

幻の日本酒の数々に酔いしれる 福井の地酒「梵」のスペシャルな7品

「梵」ウィークの目玉が、厳選されたレアな銘酒の数々です。

中でも最も希少な銘柄が、非売品の「梵・超吟(生原酒)」です。兵庫県特A地区産契約栽培山田錦を使い、精米歩合20%の純米大吟醸酒をマイナス10℃で約5年間長期氷温熟成した、「加藤吉平商店」が誇る究極の逸品。そのしぼりたての生原酒が、用意されていました。生原酒は通常「非売品」です。

希少な「梵・超吟(生原酒)」

まさに芳醇旨口。ですが、従来の日本酒の味の概念から外れるような印象を受けました。長い間、氷温熟成するという手間暇と、作り手が愛情を注いだ結果でしょう。主観なので、人によって感じ方は異なるでしょうが、おそろしくバランスのとれた白ワインのようなフルーティーさです。

「白桃のような感じがしますよね」。この日、「梵」の紹介者で、客席への解説で来店していた「酒サムライコーディネーター」の平出淑恵さん(株式会社コーポ幸・代表取締役)が、そう言語化してくれました。確かに味わいは、この表現が正鵠を射ている気がします。ただただ、純粋に、うまい!

平出さんは、日本酒の魅力を世界に伝える活動をもう20年近く続けています。英ロンドンで開かれる世界最大級のワイン品評会「IWC」(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)に2007年から「SAKE」部門ができましたが、創設に尽力した人物です。

「梵」は「梵・吟撰」が2010年のIWC「SAKE部門」で最高賞「チャンピオン・サケ」に輝いています。ちなみに2022年の「チャンピオン・サケ」は、栃木県宇都宮市の酒蔵「井上清吉商店」の「澤姫 吟醸酒 真・地酒宣言」でした。

ほかに用意された6種は、下記の通り。配布された資料から特徴を抜粋します。

「梵・ささ雪 微発砲(瓶内二次発酵・無濾過生酒・山田錦・純米大吟醸)」
(兵庫県特A地区産契約栽培山田錦、精米歩合50%。新酒の発酵による、プチプチしたミクロの泡と一緒に、素晴らしい香りが立ち上がり、なめらかで旨い、まさに“芳醇旨口”の薄濁り生酒)

「梵・さかほまれ 純米大吟醸 磨き三割五分」
(福井県認証の特別栽培米さかほまれを100%使用、精米歩合35%。芳醇でさわやかな果物のような香りが立ち上がり、口に含むと美味しいぶどうのような香りが広がる)

「梵・ゴールド」
(兵庫県特A地区産契約栽培山田錦、精米歩合50%。搾りたての無濾過の純米大吟醸の生酒を、マイナス10℃の低温で約1年間“生”で氷温熟成させ、出荷の直前に1回だけ火入れして旬の旨みを封じ込めた。無濾過のため淡い黄金色が素晴らしく、透明感のあるさわやかな香りと、さわやかで存在感のある味が特徴)

「梵・特選純米大吟醸」
(兵庫県特A地区産契約栽培山田錦、精米歩合38%。0℃で2年間長期氷温熟成された純米大吟醸酒。グレープフルーツのようなすばらしい香りがあり、骨格のあるなめらかで深い味の“芳醇旨口”。深くて幅とコシのある味は、さまざまな料理とのペアリングにおいて、その存在感をさりげなく主張)

「梵・日本の翼」
(兵庫県特A地区産契約栽培山田錦、精米歩合20%の純米大吟醸酒と精米歩合35%の純米大吟醸酒とのブレンド。0℃で2年間長期氷温熟成された純米大吟醸酒。気品ある素晴らしい香りを持ちながら、優しくやわらかで、深さとともに存在感のある、感動的な味わい。国賓の歓迎晩餐会など重要な席で数多く使われるほか、日本政府専用機の公式酒として採用され、JALの国際線ファーストクラスのVIP専用機内酒として正式採用)

「梵・夢は正夢」
(兵庫県特A地区産契約栽培山田錦、精米歩合20%の純米大吟醸酒と精米歩合35%の純米大吟醸酒とのブレンド。マイナス10℃で約5年間長期氷温熟成された究極の純米大吟醸酒。どっしりと深くて素晴らしい香りを持ちながら、骨格があり、しっとりとなめらかな味で、後味が名刀のように切れる名酒)

これらのお酒が、料理と合わせて提供されるのです。

次のページ
コース料理「風姿花伝・梵スペシャル」を銘...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...