SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

東京都中央区日本橋。五街道の起点であり、そのたもとには魚河岸もあって、江戸時代大いに賑わいをみせた街。その日本橋で寿司、うなぎ、蕎麦に天ぷらと江戸時代に美味しさに磨きをかけた、いわゆる江戸前を楽しむ。美味に加えて歴史も味わえるなんて、贅沢な気分に浸れること間違いなしなのだ。

夜は高級な江戸前もランチなら比較的リーズナブル。散策途中で立ち寄るなら……。というわけで今回は日本橋の寿司店のランチを紹介します。

江戸前の伝統と革新を楽しませる『蛇の市 本店』

まずは明治22年に屋台として創業した『蛇の市 本店』。

『蛇の市 本店』
『蛇の市 本店』

歴史を感じさせた前店舗も、移転を機に黒塗りと朱塗りが映えるスタイリッシュな店構えに改装。とはいえ羽釜で炊き上げた米を赤酢と塩だけで調えたシャリはキリリとした味わいで、本マグロのヅケ、ヒラメの昆布締めといったひと手間加えたネタと実に好相性。と、伝統を感じさせる江戸前寿司は変わらず健在だ。

そして見逃せないのが、現大将が数年前に考案した、薄焼き玉子でシャリを巻いた玉子巻き。具にはゴマと海苔しか使わないという潔さながら、だからこそ一つひとつの味わいが口の中で絡み合って優雅な味わいを生み出し、実に〆にふさわしい逸品なのだ。伝統と革新を楽しみたいなら迷わず足を運んでほしい。

「月」つま盛、味噌汁の他、握り8貫(本マグロヅケ、中トロ、平目昆布〆、白いか、真鯵、イクラ、ホタテ、穴子)、巻物、玉子巻が付いて3850円
「月」つま盛、味噌汁の他、握り8貫(本マグロヅケ、中トロ、平目昆布〆、白いか、真鯵、イクラ、ホタテ、穴子)、巻物、玉子巻が付いて3850円

[住所]東京都中央区日本橋室町1-12-10
[電話番号]03-3241-3566
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、16時半~22時(21時LO)
[休日]日・月・祝
[席]カウンターあり、全25席
[その他]全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし
[交通]地下鉄銀座線ほか三越前駅A1出口から徒歩3分

次のページ
実直で繊細な江戸前の仕事に舌鼓『鮨 山沖』...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…