SNSで最新情報をチェック

コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも温泉に行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。今回は福島・早戸温泉!

画像ギャラリー

毎週やってくる週末、どこか遠くの温泉に⾏きたいなぁ〜! などと呑気なことを⾔っているそこの、そこのあなたですよ! あなた!! 今回は前回の福島県温泉旅の続きなのだ。

前回にも増して素晴らしい⽇帰り温泉施設に⾏ってみたので額に⼗字をきり、神の祝福を浴びながら⼼して読むように。そして読んだら最後必ず⾏くのじゃぞよ、お約束な(笑)。

今回も前回同様俺の相棒は30年来の腐れ縁(失礼)、落語家の「柳家獅堂」師匠だ。師匠のことは昔からの呼び名「⾵ちゃん」と呼ばしてもらうことにする。

さてさて始まり始まりの巻でやんす。

快楽主義型温泉愛好家の落語家との旅はまだ続く〜

「親⽅ぁ〜ん、磐梯熱海温泉はチョ〜良かったですけど、まだ午前中ですよ。⽇帰りにもう⼀軒温泉いってみましょうよ〜ん」

能天気な「⾵ちゃん」は⽢ったれた声を出して磐梯熱海駅前で俺に訴えかけてきた。

「何を⾔ってるの東京から磐梯熱海まで⾞で3時間半。これから何処かに⾏ったら帰りは遅くなっちゃうよ」

「親⽅ぁ〜ん、そんなことは百も承知、⼆百もガッテンでやんすよ」

「でも、セツは運転しないし〜、別に夜も⽤事がないから〜、時間は関係ないざんすよ〜」

「あっ、このすっとこどっこい野郎、そういう魂胆か!!」

俺は呪いの⾔葉を⼩さく吐きながらしばらく考えた。

「おう! いいところを思いだした。俺もいつかいってみたいと思っていた温泉があったよ! 少し遠いけど早⼾温泉に⾏ってみよう

「おっ。親⽅、そこはどちらにあるんでやんすか?」

⾞に乗り込みながら師匠が聞いた。

「⾵ちゃん、川霧に浮かぶ幻想的⾵景が⾒られるところで有名な只⾒川の霧幻峡の近くだよ」

「???」

「まぁここから⾞で2時間かな。帰り時間⼤丈夫かな〜」

「⾏きましょう、⾏きましょう、さぁ〜⾏きましょう、あっしは寝ます

「また寝る構えだな、今度は寝させん!」

「あっしは悪政には抗議しますからね」

「何が悪政なんだよ、とにかく毒を喰らえば⽫までだ! レェッツラゴー !!」

次のページ
早戸温泉に到着! 1200年前に発見され...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...