SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

いつもの生活では味わえない珠玉のサウナに入りたい。それだけの為に、いやそれだからこそ、サウナ好きは旅に出るのだった!

旅に求めるのはそこにしかないサウナ

「サウナ旅って一体なに?」
と、思う読者の方もいるかもしれませんね。

そんな皆様に説明いたしますと……旅といえば、名所旧跡を観光したり、その土地ならではのグルメを堪能したりと様々な目的があるものですが、“その土地のサウナに入る”ことを最大の目的として旅に出ることをサウナ旅と言います。

最近の若い人は“サ旅”なんて略したりもしますが、もともと日本には“温泉旅”という旅の一大ジャンルがあるワケで、温泉がサウナに変わったと思えば理解しやすいかと。

「でも、温泉は温泉地に行かないと入れないけど、サウナは都会にもあるじゃない?」
なんて意見もあるでしょうが、サウナにも土地それぞれの特色があるんです!

特に水風呂!!

サウナ好きは、サウナ室と同じくらい、いや、それ以上に水風呂にこだわるもの。そして日本各地のサウナには、都会の水風呂にはない、肌をやさしく包み込むような水質の自然水の水風呂が隠れ潜んでいる。

そんな名水の水風呂を求めてサウナ好きはサウナ旅に出る。

堀の水は海水という今治城。有名観光目的もサウナ旅では脇役なのだ 

なかには水の“風呂”ではなく、川の清流や冬には氷結する湖水を水風呂代わりにしている
サウナもある。

そりゃあ旅をしてでも入りたくなるでしょう?

それだけじゃない。そこにしかない独特のサウナ室だったり、都会では珍しくなってしまった人情あふれる接客だったり、なんともいえない施設の持つ風情だったり、サウナ内の食堂でリラックスしたガウン姿で食べるその土地の郷土の味だったり。

そしてサウナ旅でいいサウナにめぐり会うと、サウナ室の中でも、水風呂に浸かっていても、考えてることはただひとつ。

「今度は、いつこのサウナに来ようか!」

そう思わざるをえない、サウナと出会える旅をみなさんもぜひ!!

次のページ
いざ、愛媛県今治『ナニワサウナ』へ...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...