MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
オヤジのコンビニ食ダイエット(22)主食になるサラダ! セブンイレブン「グレインズチョップドサラダ」

オヤジのコンビニ食ダイエット(22)主食になるサラダ! セブンイレブン「グレインズチョップドサラダ」

2017年の夏ごろから、コンビニサラダに新たなトレンドが生まれ、「あれっ? これならサラダだけでもいいんじゃない?」と思える商品が数多く登場し始めた。それが野菜や肉類、くだもの、ナッツ、穀物などをミックスして1品で栄養バランスのいい食事が摂れる「主食サラダ」といわれるものだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》オヤジのコンビニ食ダイエット(22)主食になるサラダ! セブンイレブン「グレインズチョップドサラダ」の画像をチェック! navigate_next

主食になるサラダ! セブンイレブン「グレインズチョップドサラダ」

自分がダイエットを始めて数ヵ月たったころ、今考えれば「過剰な食事制限をしていたなぁ」と思える時期がある。

それは3食のうち1食を、200円くらいのコンビニサラダとヨーグルトだけで済ませていたころだ。

ヨーグルトは4年前から毎日食べ続けていて、それはよい習慣だと思うんだけど。

ヨーグルトと小さいサラダだけというのは、やりすぎだったと後悔している。

食事制限(主に糖質制限)に完全に慣れたころで、ほぼ空腹感を感じることもなく、ストイックな自分に酔っていたかもしれない。

おかげで体重はスムーズに落ちていったけど、脂肪と一緒に筋肉もごっそり落としてしまった。

そもそも何も運動をしていなければ、筋肉は加齢と共に落ちていくので、過剰に筋肉を落とした40オヤジの肉体は、スリムというより、みすぼらしいといった感じで、カッコイイ体型とはほど遠かった。

そこから筋トレを始め、コンビニサラダだけの食事も改め、たんぱく質の量を意識したものに変えていった……。

ところが2017年の夏ごろから、コンビニサラダに新たなトレンドが生まれ、「あれっ?これならサラダだけでもいいんじゃない?」と思える商品が数多く登場し始めた。

それが野菜や肉類、くだもの、ナッツ、穀物などをミックスして1品で栄養バランスのいい食事が摂れる「主食サラダ」といわれるものだ。

自分はそのころに初めて知ったけど、ワンプレートで食事が完結するサラダは、健康志向が高くて料理が得意な人には、何年も前から人気のある料理のようだ。

チキン+たっぷり野菜+雑穀米で栄養バランスよし! 高たんぱくで食べ応えもある!

主食サラダは各コンビニから発売されているが、今回は彩りが華やかで、雑穀米入りでボリューム感もある、セブンイレブンの「グレインズチョップドサラダ」を買ってきた。

チョップドサラダは具材を細かくカットしたサラダのことで、コールスローのようにドレッシングが馴染みやすく、しっかりとした味わいを楽しめる。

ほうれん草やブロッコリーなど、栄養価の高い緑黄色野菜に加え、グリルチキンもたっぷり入っているから、たんぱく質も豊富で、1包装あたり23.5グラムも入っている。

さらにグレインズ(穀物)のネーミング通り、パックの底の方に大麦やもち米、はだか麦などを使った雑穀米も入っているから食べ応えがあり、腹持ちもいい。

りんごの酸味、チーズのクリーム感、アーモンドの歯ごたえなどが、アクセントになっていて、味わいや食感の幅も広く、最後まで飽きずに食べられる。

これだけでたっぷりの野菜と、サラダチキンくらいのたんぱく質、おにぎり1個程度の炭水化物がすべて摂れるので、これならサラダだけでもバランスのいい食事ができてしまう。

過去に自分がやっていたような小さい野菜サラダだけの食事は絶対にダメだけど、ボリューム感のある主食サラダを利用するのはオススメだ。

最後に価格のことだけど、コンビニサラダで税込600円以上は高いように感じる。

でも、これだけで食事が完結するので、弁当を買ったと思えば、それほど高くもない。

……と強がってみたが、ワンコイン以内の価格にしてほしいというのが本音だ。


セブンイレブン
「グレインズチョップドサラダ」
税抜き598円

サラダといっても、どんぶりくらいのパックに野菜、
チキン、雑穀米などがぎっしり入っていてボリューム感たっぷり。
具材が小さくカットされているので、箸よりフォークのほうが食べやすい。


横から見るとこんな感じ。
上からだと見えないけど、
底のほうに雑穀米が入っていて、
まさに主食になるサラダといった感じだ。

おにぎり2個分ほどの388キロカロリーで、
たんぱく質が23.5グラムも摂れる弁当は
なかなかない。
炭水化物37グラムもおにぎり1個程度だし、
雑穀米なので食物繊維も多く含まれているはず。

フタを取ると、
チキンもたっぷり入っているのがわかる。
ドレッシングをかけ、
もう一度フタをし、
激しくシェイクすると
ドレッシングが満遍なく混ざる。

付属のドレッシングは量がたっぷりなので、
脂質や塩分をカットしたい場合は
ドレッシングの量を調節すればいい。
付属品を使わず、
ノンオイルドレッシングなどを使えば
脂質をさらにカットできる。




太田日向(おおたひなた)
食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
太田日向

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功! 太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

関連記事
今回は、セブン-イレブンのロールパンに注目。最近販売されていた2種類をご紹介します。低糖質かつ高たんぱくで、美しく健康的にダイエットするために必要な栄養素を手軽に摂れます!
今回は、自分が最近コンビニでよく買っているお菓子2品を紹介。1つは20グラムもたんぱく質を含んだプロテインバーで、もう1つは原料に大豆を使ったノンフライチップス。 どちらもダイエット中の間食として最適で、味も良く、価格が手ごろなのも素晴らしいです!
ローソンには連載の初回に紹介した「ブランパン」を筆頭に、低糖質で食物繊維がたっぷり摂れるパンが豊富にラインアップされています。なかでも最近、とくに気に入っているパンが「もち麦のあんバターブレッド」。 糖質はわずか12グラム程度なのに、ダイエットには欠かせない栄養成分のひとつである食物繊維が約13グラムも入っている素晴らしいパンなんです。
札幌が発祥のスープカレー。スパイシーなスープと、大きなチキンや野菜がゴロゴロと入っているのが特徴で、今や日本のカレー料理の1つのスタイルとして定着している。 野菜たっぷりでもともとヘルシーなイメージがあるスープカレーだけど、ダイエット中でもおすすめの商品がファミマから発売されたので紹介します。
今回は、私が最近よく買っているセブンイレブンの「酒のつまみにもなる、ダイエット中もおすすめの総菜」を紹介します。 基本的にはカロリーが控えめで、たんぱく質をたっぷり含んでいるもの。 脂質は控えめがいいけど、総菜なら1つの商品で10グラム以下を目安に選んでいます。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル