SNSで最新情報をチェック

東北勢が優勝し、「白河の関越え」が話題となった2022年の高校野球。白河の関とは、ざっくり言えば、東北の玄関口。そこから北が東北となるというわけです。そんな白河の関のある福島県白河市のご当地ラーメンがあります。それが「白河ラーメン」。喜多方ラーメンとならぶ福島のご当地ラーメンはいかがでしょうか。


醤油ベース&豚白湯のスープに「鶏油(チー油)」をプラス

福島県で有名なのは喜多方ラーメン。そして、もうひとつが福島の南部、白河の関のある白河市の「白河ラーメン」です。なんと白河市は、人口わずか6万人弱の小さな町ですが、そこに100を超すラーメン店がひしめく激戦区。その特徴は縮れた麺と、しょう油ベースの澄んだスープの組み合わせです。フードコートにある『らーめん白河の郷』の提供する「白河ラーメン」(850円)は、豚肉で出汁を取ったスープに、「鶏油(チー油)」をプラス。旨味たっぷりのスープを、よくからむ麺と一緒にいただく一杯となります。

白河市の南にある那須高原SA

那須高原SA(下り)があるのは、実のところまだ栃木県。ですが、すぐ北は福島県の白河市がありますし、白河の関も近いという立地になります。そのためフードコートには福島自慢のラーメンを提供する「らーめん白河の郷」が店を構えています。ちなみに栃木ということで、宇都宮餃子も用意されてもいます。福島と栃木の両方の自慢のメニューをいただけるのも魅力です。

※本稿の内容は2022年10月取材時の情報です。

【店舗情報】
◆フードコート『らーめん白河の郷』
[住所]:東北道・那須高原SA(下り)内
[定休日]:なし
[営業時間]:24時間

文/鈴木ケンイチ 写真/NEXCO東日本

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...