SNSで最新情報をチェック

“茨城県の宝”とまで呼ばれる自慢のブランド食材「常陸牛」。そのお肉を贅沢に楽しめるメニューが「常陸牛ローストビーフ丼」です。コンテストで何度もチャンピオンになった友部SAのレストランが提供する逸品料理を紹介します。


低温調理で常陸牛の美味しさを引き立たせた!

茨城県のブランド食材である「常陸牛」を、じっくりと低温調理してローストビーフに。そんなローストビーフをたっぷりと使ったのが、レストラン『珠玉の蔵』の「常陸牛のローストビーフ丼」(1700円)です。美しいピンク色のお肉にうっとり! また、ご飯や卵も茨城産にこだわったというのもポイントとなります。お肉に負けずに、ご飯、卵も美味しいなんて、これも贅沢のひとつ。この一杯で茨城をめいっぱい楽しめてしまうというグルメです。

新メニューコンテストで常勝のレストラン

友部SA(上り)のレストラン『珠玉の蔵』は、SA/PAのグルメを取材してきた人間にとって特別なお店と言えるでしょう。なぜなら、過去に開催されていたNEXCO東日本の新メニューコンテストで、何度もチャンピオンを獲得しているから。ちなみに、「茨城を食べつくそう 栄光の丼」(1450円)のように、過去のグランプリ獲得メニューも継続販売中です。腕利きの料理人さんによる逸品を味わいたいと思うなら、ぜひともお試しあれ。

※本稿の内容は2022年8月取材時の情報です。

【店舗情報】
◆『珠玉の蔵』
[住所]:常磐自動車道・友部SA(上り)内
[定休日]:なし
[営業時間]:11時~21時

文/鈴木ケンイチ 写真/NEXCO東日本

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...