SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

手間のかかる料理はしたくない。簡単でもちょっとプレミアム感がある料理を作りたい。そんな皆さんにぴったりの、パパッと簡単!! 5分でできる超時短レシピをご紹介します。

こだわりポイントは、素材の旨味を引き出すこと。簡単&シンプル素材なのにワンランク上の味に仕上がります。味にとことんこだわる、おとなの週末WEB読者の皆さんにもご納得いただけるようなレシピばかり。

お酒のアテにも、ごはんのおかずにも、おもてなしの一品としてもぴったりのレシピです!

レシピ考案/藤岡操(フードコーディネーター・栄養士)、写真/柏木ゆり、文・構成/おと週Web編集部

【超時短レシピ】5分でできる“おとなの”簡単メニュー一覧はこちら!

【無限じゃばらキュウリ】めんつゆを使って旨味アップ! つまみにも、ごはんのお供にも!!

キュウリをじゃばらに切ることであっという間に味が染み染みの美味しいキュウリをいただくことができます。 名前のとおり、無限にキュウリが食べられてしまうほど美味しく、さっぱりとした夏にぴったりのレシピです。ビールでも、ワインでも、日本酒や焼酎など、どんなお酒とも好相性です。出汁の利いためんつゆがしっかり染みているので、ごはんのお供にも!

夏野菜のキュウリは他の季節のものとは違い、みずみずしさも格別。ビタミンCやミネラルの含有量も増えるなど、旬のキュウリは栄養価も満点です。夏バテ気味、むくみやすいという人にもお薦めです。

◆材料(2人分)
キュウリ…1本
【A】めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1と1/2
【A】酢、ごま油、炒りごま…各小さじ1

◆作り方
1.キュウリに包丁で斜めに細かく深く切り込みを入れ、食べやすい長さに切る。
2.混ぜ合わせたAをかけてからめる。

◆じゃばらの入れ方
キュウリを挟むように割り箸を置き、包丁が割り箸に当たるまで斜めに細かく切り込みを入れていきます。全面に入れ終わったら、裏返しして同じ要領で切り込みを入れていきましょう。細かく切り込みを入れるほど味染みがよくなります。

◆アレンジポイント
漬けダレにしょうゆではなく、めんつゆを使うことで出汁の旨味を加えることができます。ごま油と炒りごまをたっぷりめに加えると香ばしさがアップして、日本酒や焼酎との相性がさらに良くなります。食欲がない時はお酢を少し多めに加えて!  めんつゆの使い道に困った時や、旬のきゅうりを大袋で買った時に常備菜として作り置きするのもお薦めです。 作り置きした場合、冷蔵で3~4日間保存できます。

お家で楽しむきゅうりのキューちゃん ~素晴らしいロングセラーを作る~

【超時短レシピ】5分でできる“おとなの”簡単メニュー一覧はこちら!

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...