MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
100倍楽しくなる、大阪出張グルメはココで決まり!

100倍楽しくなる、大阪出張グルメはココで決まり!

大阪現地調査員が太鼓判「大阪出張時に絶対食べたいグルメ」を厳選紹介。大阪名物グルメといえば粉モン、串カツ、ホルモン……本場の味はやはり格別!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

大阪現地調査員が太鼓判「大阪出張時に絶対食べたいグルメ」を厳選紹介。

心斎橋 カラッと [心斎橋駅]

サクッ!フワッ!魔法の衣が素材を引き立てる

 にぎやかな心斎橋筋商店街を少しそれて、暗い路地裏を入ったところにあるのがこちら。築100年の蔵を改装した店内は趣き深く、大阪一の繁華街にあることを忘れてしまうほど。串カツはこてこての大阪串カツとは違い、驚くほど軽い。衣は薄くきめ細やかで、具の間に空気を含み、食感はサックリ。衣も揚げ油もソースも企業秘密というから、余計に興味がそそられる。単品は、牛串86円、うずら140円など良心的で各ポーションも大きめ。アボカド練乳仕立てやスイートポテトなど変わり種にもトライしてほしい。

写真:カラッとセット〜極〜 2700円ビール(エクストラコールド) 540円グラスワイン 756円
和牛、天使の海老、まぐろ、一級特選クジラ、カニなど豪華な10串に、特製どて焼き付きのセット。ワインやビールもぐいぐいすすむ味

[住所]大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-3-23 [TEL]06-6258-2255 [営業時間]17時~翌5時(4時LO) [休日]無休 [席]カウンター11席、テーブル4席×5卓、2席×1卓 計33席/全席喫煙/カード可/予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線心斎橋駅5番出口から徒歩1分

茶琥屋(たこ焼き/福島駅)

たこ焼きをアテに飲める居酒屋が大阪には多い。

 たこ焼きをアテに飲める居酒屋が大阪には多い。この店もそのひとつだ。こちらのたこ焼きの魅力は素材。漁師の父を持つ店主が三重県伊勢市の漁師仲間から直接仕入れるという伊勢産ダコを使用する。国産、なかでも伊勢産は特に身が締まってて味がいいのだとか。たこ焼きは大粒のふんわりトロリ系で、タコから出る旨みが堪らない。他とは一線を画すこの旨さ、ぜひ味わっていただきたい。

写真:手前から/たこやき10個(明太子マヨネーズ&ネギ塩マヨ) 691円たこやき8個(茶琥屋基本ソース) 583円蒸し鶏 540円 ビール 518円

[その他のメニュー]たこ刺身650円、活蛸のスパイシー焼き680円、たこしゃぶ1人前1480円

[住所]大阪府大阪市福島区福島1-2-4CASA CHIC1階 [TEL]06-6345-4600 [営業時間]17時~翌1時(LO) [休日]日 [席]カウンター6席、テーブル4席×7卓計34席/全席喫煙可/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]JR東西線新福島駅から徒歩4分

ホルモンBarおかだ(最寄駅:大正駅)

牛の生ホルモンを堂々と食べられるこの喜び!

 精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。イチ押しは、「刺身盛合せ」。サシが美しいハラミ、赤身がまぶしいツラミ、レバーのような食感のチレ……。新鮮だからこそ味わえる旨さや食感を存分に堪能できる。また、1本140円でハチノス、筋など4〜5種の部位を味わえる「ホルモン串」も必食だ。

写真:刺身盛合せ(ハラミ、ツラミ、チレ、ミノ) 1950円ホルモン串1本 140円グラスワイン 350円
刺身盛合せは仕入れにより内容は変更。醤油、胡麻だれなど3種類のタレで

[その他のメニュー]ハラミユッケ 1030円、ホルモン入りロールキャベツ550円、トリッパのトマト煮380円

[住所]大阪府大阪市大正区三軒家西1-25-10グランデSH 1階 [TEL]06-6553-2359 [営業時間]16時半~23時半(フード22時半LO) [休日]不定 [席]カウンター11席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交通アクセス]JR大正駅から5分

御影郷 福寿(最寄駅:梅田駅)

間違いなく旨い酒と旨いアテがある!

 梅田には洗練された店が多くあるものの、地下に潜れば、まだまだ古き良き酒場もある。なかでも創業40年以上というこちらは、ノーベル賞受賞晩餐会でも提供された日本酒「福寿」を生んだ酒蔵・神戸酒心館の直営店。ここでしか味わえない瑞々しくフルーティな蔵元直送のしぼりたて純米生原酒は1杯520円。他にも全11種の福寿ラベルがズラリ。アテは320円〜と格安で、18時にもなれば仕事帰りの人たちでワイワイがやがや満席に。酒好きにはたまらない1軒だ。

写真:出し巻き玉子 450円、しめさば 390円、豆腐味噌漬け 320円、無濾過純米生原酒 グラス520円
人気の出し巻きは大きめで優しくダシが利いて美味

[その他のメニュー]おでん1品100円、造り三種盛り700円、レンコンと明太子のはさみ揚げ440円など

[住所]大阪府大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビル地下2階 [TEL]06-6341-1138 [営業時間]16時~23時(LO)、土~22時(LO) [休日]日、祝 [席]カウンター席14席、テーブル7席×1卓、4席×6卓、2席×3卓/全席喫煙可/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]阪神梅田駅から徒歩3分

オモニ(最寄駅:梅田駅・大阪駅)

大阪で創業50年にもなるミシュラン掲載店のお好み焼き

 本店は大阪のコリアンタウン・鶴橋にあり、創業50年にもなるミシュラン掲載店。支店であるグランフロント大阪店は出張組には好立地だが、行列も多いので覚悟を。ここの最大の特徴は、関西風お好み焼の中でも際立ってフワフワであること。大量のキャベツに、繋ぎとなる小麦粉はごく少量。ゆえにふっくらと厚み豊かで食べ応えはあるのに、とってもヘルシー。外はカリッ、中はフワフワ。キャベツの甘み、具材の旨みが一体となり口内を幸せで満たす。素材のみならず技術にも裏打ちされたこの旨さを是非。

写真:オモニ焼き 1250円
鉄板付きテーブルでずっと熱々。混雑回避なら平日の14時以降がおすすめ

[その他のメニュー]豚玉々焼き850円、すじモダン焼き1350円、ホルモン焼きうどん1350円〜

[住所]大阪府大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪 南館7F [TEL]06-6485-7662 [営業時間]11時~23時(22時LO) ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]テーブル38席/全席喫煙可(午後2時までは禁煙)/カード可/予約可/サなし [交通アクセス]阪急梅田駅、またはJR大阪駅から徒歩5分

ボタニカリー(最寄駅:本町駅)

行列覚悟!だけど外せない、本町のスパイスカレー

 いまや大阪の新たなご当地グルメになろうとしているスパイスカレー。その中でも1、2の人気を争うカレー店がここだ。その人気は毎日開店前に整理券を配布するほど。数種類の色鮮やかな副菜に、トマトとほうれん草のピューレがルウに映え、運ばれた瞬間、誰もが感嘆する美しさ。キーマが添えられたボタニカリーはチキンの旨みと甘みがきたあとにジンワリと辛さが到来。サラリとしたシュリンプカレーと合わせると更なる旨みと出合える。お好みでトッピングと共に楽しみたい。

写真:合いがけ(ボタニカリー×シュリンプカリー)1000円※12時〜13時30分は合いがけ不可
副菜は野菜や豆を中心に約8種類。ルウと混ぜると旨さが際立つ

[その他のメニュー]ボタニカリー(チキン)900円、シュリンプカリー(エビ)800円、ポージョカリー(チキン)800円、ピクルス大盛り+50円、大盛り+100円

[住所]大阪府大阪市中央区瓦町4-5-3日宝西本町ビル1階 [TEL]非公開 [営業時間]11時~16時(売り切れ次第終了) ※ランチタイム有 [休日]日(臨時休業あり) [席]カウンター4席、テーブル4席×2卓、2席×1卓/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交通アクセス]地下鉄各線本町駅から5分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアで売っているたくさんの美味しいおやつの中から、ダイエット中におすすめしたいスイーツやお菓子を厳選!間食しやすい一口タイプから本格的なものまで、見逃せない情報が満載です!
最新記事
「7回多く噛んでください」というのは代表の清水さん。米にこだわった生地をよく味わって欲しいという。
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
北海道どさんこプラザのホームページで、「波飛沫(なみしぶき)塩ラーメン」がイチオシされていました。北海道・知床の人気店の味が家庭で作れて楽しめるらしいのです。「これは買わねば!」と早速行ってみましたが、早くも売り切れで……。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル