MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
安い!旨い!長居したくなること必至!おすすめ立飲み4店

安い!旨い!長居したくなること必至!おすすめ立飲み4店

落ち着ける空間でじっくりと呑む酒もいいが、今晩は気軽さと安さが魅力の立ち呑みなんてどうですか?最近の立ち呑みは味もよければ空間へのこだわりもスゴいんです。

perm_media 《画像ギャラリー》安い!旨い!長居したくなること必至!おすすめ立飲み4店の画像をチェック! navigate_next

「ちょっと一杯!」なんて言葉がある。
でもみなさん、普通の居酒屋でちょっと一杯だけ呑んで、すぐに御会計なんて荒技できます?
ところがそれがいとも簡単にできちゃうのが“立ち呑み”だ。

気軽なんですよ。
サクッと利用できて、一杯だけでも許される。
それがなんといっても立ち飲み最大のメリット。

そして、一杯とはいいつつも、ついつい二杯三杯と杯を重ねてしまう店。
それがなんといってもいい立ち呑みだ。
そういう店には、決まっていくつかの要素がある。



まずは、店と客が相互に作り上げていく、そこはかとないイイ“空気”。

初めて会った客同士が仲良くなれたり、店が混んでくれば、誰にいわれることもなく場所を詰め、新しいお客さんが入れるスペースを作ったり。

これが小学校だったら先生に怒られてる時の姿勢である“立っている”という状態だけに、このイイ空気はとても重要だ!
今回紹介する5軒にはどの店にもこの空気が濃密に漂う。



もうひとつの要素が安さ!!やはり財布に余裕がないと一杯のつもりが二杯にはならない。


そんな中でも『ドラム缶(閉店)』の安さ追求には参った!


銀座でこの価格、やっていけるのか?と。
お店の人、価格設定の段階でなにか大きなミスをして未だに気付いてないんじゃないか?と。
そんな心配をしちゃうほどだが、心配以上に、嬉しい嬉しい価格なんだからしょうがない。
もう一杯!




そして、そんな“安さ”ベクトルとは別のベクトルを追い求める立ち呑みが『立ち呑み8』

「立ち呑みってオヤジ臭そう」正直、そういう女性もいる。
だが、そんな女性もなんの嫌悪感を抱かないどころか、大満足で三杯四杯と呑んでしまうに違いない雰囲気と料理!

にもかかわらず、そんな女性に“オヤジ臭そう”と言われてる立ち呑み好きなオヤジたちも、思わず唸り、そして長居するポテンシャル。
店名の“8”には“∞無限大”の意味もあるという。



今回紹介した店で呑めば、立ち呑みという飲食業態が持つ無限の可能性に誰もが気付くはずだ。
気付いたところで、さァもう一杯!

[閉店]立飲み居酒屋 ドラム缶 銀座数寄屋橋通り本店(最寄駅:銀座駅)

『[閉店]立飲み居酒屋 ドラム缶』の ポテトサラダ 150円
ハムカツ 150円

チューハイ150円からはじまり、しゅうまい3コ100円、ハムカツ150円、ポテトサラダ150円(この量が150円レベルじゃない!)という、すべて100円〜200円が中心価格帯という衝撃!! 子供が百円玉握りしめ駄菓子買う感覚で、大人が500円玉握りしめ銀座で飲める。

立ち呑み8(最寄駅:大井町駅)

『立ち呑み8』の 焼塩辛 410円

多くの立ち呑み酒場が目指し続けるベクトル“安さ”とは、別の方向のベクトル“心地よさ”を追求した新しいタイプの立ち呑み。しかし店名に“立ち呑み”が入ることから判るように、立ち呑み本来の気軽さ、洒脱さは健在。そして凝った料理はどれも美味。立ち呑みの未来を見せつけられた想いがする。

盛苑(最寄駅:武蔵小山駅)

『盛苑』の 激辛魚(うなぎ)珍味 250円

立ち呑みでは珍しい、中華料理を提供する店。それも「干豆腐香草あえ」(250円)や「麻辣牛すね肉」(300円)から「激辛魚(うなぎ) 珍味」(250円)といった、ここは大陸か? といった料理も揃える。

ふぶき(最寄駅:御徒町駅)

『ふぶき』の 刺身三点盛り 390円

今や立ち飲みのメッカの上野~御徒町。肉系のお店が多いこの界隈にあって、旨い魚で呑める店。

多くの客がオーダーしているのが「刺身3点盛り」(390円)。どう見ても3点超えてるこの一皿だけで何杯でもいける! 他にもヨダレ落ちる魚介系ツマミが目白押しだ。

人情屋台 一心(最寄駅:武蔵小杉駅)

『人情屋台 一心』の 牛もつ煮込み 421円

ゴジラが破壊した街としても今話題の武蔵小杉に、ハイボールがゴジラ並に神価格の店があった。なんとそのお値段、一杯目はピッタリ108円!! 2杯目からは151円になっちゃうが、19時までのハッピーアワーならば何杯でも108円。

って缶ジュースより安いじゃないか!! さらに本格焼酎も378円〜というありがたさ。名物「牛もつ煮込み」(421円)も人気だが、216円の生ハムは、生ハムが軽く10枚以上入ってた。ガード下の立地も◎!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
旨い酒と料理を堪能できる、魅力的なお店がたくさんある吉祥寺。ここではグルメライターが厳選したおすすめ店をご紹介します!新世代の注目店と昭和を感じる名店が揃った「ハーモニカ横丁」の体験記もあり!思わずはしご酒したくなるかも?!
東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!
品川の居酒屋を人気グルメ雑誌のライターが調査!実際に足を運んで、本当に美味い店を厳選しました。ゆったり出来る個室のあるお店やリーズナブルに楽しめる安くて美味しいお店、イチオシのおすすめ店などシーンに合わせてご紹介します!
門前仲町で、人気グルメ雑誌のライターが実際に足を運んで見つけた本当に美味しい居酒屋をご紹介します。リーズナブルに楽しめるお店や、こだわりが光るおすすめ店など朝まで飲みたくなる名店ばかり!ぜひチェックしてください!
神田でお酒を呑むなら絶対に外せない居酒屋情報をお届け!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に訪れて調査し、お酒も料理も本当に美味しく、こだわりのおもてなしがあったり、老舗の安心感があるなど、自信をもっておすすめできるお店ばかりです!
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル