MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
安い!旨い!長居したくなること必至!おすすめ立飲み4店

安い!旨い!長居したくなること必至!おすすめ立飲み4店

落ち着ける空間でじっくりと呑む酒もいいが、今晩は気軽さと安さが魅力の立ち呑みなんてどうですか?最近の立ち呑みは味もよければ空間へのこだわりもスゴいんです。

「ちょっと一杯!」なんて言葉がある。
でもみなさん、普通の居酒屋でちょっと一杯だけ呑んで、すぐに御会計なんて荒技できます?
ところがそれがいとも簡単にできちゃうのが“立ち呑み”だ。

気軽なんですよ。
サクッと利用できて、一杯だけでも許される。
それがなんといっても立ち飲み最大のメリット。

そして、一杯とはいいつつも、ついつい二杯三杯と杯を重ねてしまう店。
それがなんといってもいい立ち呑みだ。
そういう店には、決まっていくつかの要素がある。



まずは、店と客が相互に作り上げていく、そこはかとないイイ“空気”。

初めて会った客同士が仲良くなれたり、店が混んでくれば、誰にいわれることもなく場所を詰め、新しいお客さんが入れるスペースを作ったり。

これが小学校だったら先生に怒られてる時の姿勢である“立っている”という状態だけに、このイイ空気はとても重要だ!
今回紹介する5軒にはどの店にもこの空気が濃密に漂う。



もうひとつの要素が安さ!!やはり財布に余裕がないと一杯のつもりが二杯にはならない。


そんな中でも『ドラム缶(閉店)』の安さ追求には参った!


銀座でこの価格、やっていけるのか?と。
お店の人、価格設定の段階でなにか大きなミスをして未だに気付いてないんじゃないか?と。
そんな心配をしちゃうほどだが、心配以上に、嬉しい嬉しい価格なんだからしょうがない。
もう一杯!




そして、そんな“安さ”ベクトルとは別のベクトルを追い求める立ち呑みが『立ち呑み8』

「立ち呑みってオヤジ臭そう」正直、そういう女性もいる。
だが、そんな女性もなんの嫌悪感を抱かないどころか、大満足で三杯四杯と呑んでしまうに違いない雰囲気と料理!

にもかかわらず、そんな女性に“オヤジ臭そう”と言われてる立ち呑み好きなオヤジたちも、思わず唸り、そして長居するポテンシャル。
店名の“8”には“∞無限大”の意味もあるという。



今回紹介した店で呑めば、立ち呑みという飲食業態が持つ無限の可能性に誰もが気付くはずだ。
気付いたところで、さァもう一杯!

[閉店]立飲み居酒屋 ドラム缶 銀座数寄屋橋通り本店(最寄駅:銀座駅)

『[閉店]立飲み居酒屋 ドラム缶』の ポテトサラダ 150円
ハムカツ 150円

チューハイ150円からはじまり、しゅうまい3コ100円、ハムカツ150円、ポテトサラダ150円(この量が150円レベルじゃない!)という、すべて100円〜200円が中心価格帯という衝撃!! 子供が百円玉握りしめ駄菓子買う感覚で、大人が500円玉握りしめ銀座で飲める。

立ち呑み8(最寄駅:大井町駅)

『立ち呑み8』の 焼塩辛 410円

多くの立ち呑み酒場が目指し続けるベクトル“安さ”とは、別の方向のベクトル“心地よさ”を追求した新しいタイプの立ち呑み。しかし店名に“立ち呑み”が入ることから判るように、立ち呑み本来の気軽さ、洒脱さは健在。そして凝った料理はどれも美味。立ち呑みの未来を見せつけられた想いがする。

盛苑(最寄駅:武蔵小山駅)

『盛苑』の 激辛魚(うなぎ)珍味 250円

立ち呑みでは珍しい、中華料理を提供する店。それも「干豆腐香草あえ」(250円)や「麻辣牛すね肉」(300円)から「激辛魚(うなぎ) 珍味」(250円)といった、ここは大陸か? といった料理も揃える。

ふぶき(最寄駅:御徒町駅)

『ふぶき』の 刺身三点盛り 390円

今や立ち飲みのメッカの上野~御徒町。肉系のお店が多いこの界隈にあって、旨い魚で呑める店。

多くの客がオーダーしているのが「刺身3点盛り」(390円)。どう見ても3点超えてるこの一皿だけで何杯でもいける! 他にもヨダレ落ちる魚介系ツマミが目白押しだ。

人情屋台 一心(最寄駅:武蔵小杉駅)

『人情屋台 一心』の 牛もつ煮込み 421円

ゴジラが破壊した街としても今話題の武蔵小杉に、ハイボールがゴジラ並に神価格の店があった。なんとそのお値段、一杯目はピッタリ108円!! 2杯目からは151円になっちゃうが、19時までのハッピーアワーならば何杯でも108円。

って缶ジュースより安いじゃないか!! さらに本格焼酎も378円〜というありがたさ。名物「牛もつ煮込み」(421円)も人気だが、216円の生ハムは、生ハムが軽く10枚以上入ってた。ガード下の立地も◎!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1188views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21084views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt