MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪ローカル 穴場メシ情報[3] 毎週土曜日にセリ市を開催! 海鮮居酒屋『天満産直市場』にインスタ女子が多数来店中!!

大阪ローカル 穴場メシ情報[3] 毎週土曜日にセリ市を開催! 海鮮居酒屋『天満産直市場』にインスタ女子が多数来店中!!

大阪の天満といえば「安くて旨い」バルや居酒屋がズラリと連なる飲食店街で、昔から昼飲みも栄えていた町。この、日本一長いアーケードの天神橋商店街にある海鮮居酒屋『天満産直市場』では、とあるイベントで最近注目を集めている。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪ローカル 穴場メシ情報[3] 毎週土曜日にセリ市を開催! 海鮮居酒屋『天満産直市場』にインスタ女子が多数来店中!!の画像をチェック! navigate_next

毎週土曜日にセリ市を開催! 海鮮居酒屋『天満産直市場』にインスタ女子が多数来店中!!


大阪の天満といえば「安くて旨い」バルや居酒屋がズラリと連なる飲食店街で、昔から昼飲みも栄えていた町。

この町に、オモロイお店があるのをご存じか。

JR天満駅から徒歩数分、日本一長いアーケードの天神橋商店街にある海鮮居酒屋『天満産直市場』がそのお店だ。

この店、とあるイベントで最近注目を集めているのだ……。



「今からセリを始めますよ!」

毎週土曜日の18時~21時の間、店内のカウンター席でセリ市を開催するのだ。

しかも、この日は3ヵ月に一度開催する「食と笑いの祭典」のスペシャルデー。

芸能人が進行役となって場を盛り上げていた。


「値が上がりすぎないように、上限を決めています。
お安く落とせると思いますよ」(店員)とのことで、
セリの食材はその日の市場で見て決めているそうだ。


だが、ここは大阪や! 

安くて旨くなければ、客はそっぽを向く。


「うち、あのイクラ絶対食べたいねん!」

こんな女子たちは隣の客人と即席タッグを組んで、2組で1品を落とす作戦に出たり……。

とにかく量は4、5人前以上。

大阪のノリと笑いがミックスとなって、初めて来た人でもすっと場に溶け込めるはず。


いくらは、最初100円スタート。

それが120円の値がつき、122円、128円と小刻みに値が上昇するなかで、最終的にはこの量で2000円。

次に登場したのが、活きアワビ2個。

時価8000円相当だ。

このあわびの落札額は2200円。

トンでもない安さなのだ。


この日、人気が殺到したのはマグロ。

時価1万円相当でこの厚みは圧巻だ。

しかも、落札額はたったの3000円! 

インスタ大好きの女子グループが落札して、刺身に寿司にと、なんとも豪勢なマグロづくしに変貌したのだ。




料理は、セリを終えた後に取り掛かる。

落札者に希望する調理法を聞いて、アワビのケースだと刺身とバター焼きといった具合に提供されていった。



お客の中には空腹のあまり、いきなり値を吊り上げる人も確かにいる。

だが、そこは進行役が空気を読んで、割引きゲームを提案。

この日は、「後出しじゃんけんで負けること」というお題で、酔っていなければ簡単にできるゲームを持ちかけた。

その結果、4000円で落札した伊勢エビが半額の2000円。

まさに大盤振る舞いとなったのだ。



もちろん、セリだけでなく通常の料理もとにかく安い。

特に目を引いたのがマグロカマ豪快焼(799円)。

直径25㎝ほどのカマで、身はホクホク。

おろしポン酢との相性は、納得の味だ。


これぞ大阪!という空気間が味わえるセリ市。

ぜひ、他府県の方々にも体感していただきたい。



天満産直市場
[住所]大阪市北区天神橋5-6-7
[TEL]06-6882-6698
[営業時間]12:00~23:00
[定休日]無休




加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル