SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・立川の立ち食い寿司店『あて鮨 喜重朗』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

趣向を凝らした新感覚のアテ鮨で日本酒が止まらない!

立川の人気居酒屋「あてまき 喜重朗」の新たな挑戦がこの『あて鮨』。一軒目は酒のアテになる巻物だったが、今回はアテになる鮨。

例えば、キャビアがトッピングされたホタテは、粒々の食感とともにほどよく広がる塩味がいい。口に運ぶと、ふわっと漂うトリュフの香りと脂ののったサーモンがマッチする。ネタの持ち味を消すことなく、塩味や旨みのさりげない足し引きが見事だ。

あて鮨3点盛 980円 (キングサーモンのトリュフのせ、スマガツオの薬味醤油がけ、帆立のキャビアのせ

『あて鮨 喜重朗』980円(手前から)・キングサーモンのトリュフのせ・スマガツオの薬味醤油がけ・帆立のキャビアのせ。8種類ほど揃うアテ鮨から好きなものを3貫選べる。紙メニューに記載はなく、黒板に書いてあるので注文時は要確認

こういったユニークな発想は、「アテ巻き 喜重朗」のオーナーが18年以上海外で和食に関わっていたという経験がベースになっているとか。

アテ鮨というだけあり、確かに日本酒を飲まずにはいられない。辛口からフルーティーなど幅広く揃い、五勺600円から飲めるのもうれしい。お店は、駅北口に2021年12月にオープンしたフードコート「GALERA TACHIKAWA」にあるため、はしご酒できるのも魅力だ。

『あて鮨 喜重朗』

撮影/大西尚明、、井島加恵

※2022年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...