SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

斬新な調理スタイルの「バズレシピ」や「至高のレシピ」で話題のリュウジさんは、お酒を飲みながら料理をするというYouTube動画が人気の料理研究家です。レシピの公開だけでなく、Twitter「リュウジの酒場探求記」では気になる飲食店の紹介も。SNSなどの総フォロワー数が700万人以上という「料理のお兄さん」が、感性の赴くままに歩いて街で見つけた「自分史上最高にウマくて、楽しく飲める店」について本音で語ります。

第2回は東京・新宿の「よしだ海岸」です。

“ポイ捨てしたら〇〇します” 過激な看板に誘われて

僕は、スタッフと5人で、週に3回ぐらい飲みに行きます。ただ、5人で入れる店ってなると席数が限られるから、毎回、選ぶのにひと苦労なんです。

代々木公園で仕事を終えて、スタッフと新宿で飲もうと歩いていたとき、落ち着いたところがいいねと、新宿御苑方面へ。僕は、直感でこの辺にウマい店があるなと、新宿2丁目の路地裏に入ったりして探し回っていました。

やっと、5人が座れるオープンテラス席を発見。9月下旬の気候が穏やかなころですから、テラス席はベストチョイス!

ほっとしたのもつかの間、次の瞬間、物騒な看板が目に飛び込んできました。

“ポイ捨てしたら、殺します”
“持ち込みOK でもコソコソやっていたら許さない”

こんな感じの何とも強気な文字。みんなで「めちゃオモロイじゃん、ここ」って引かれて入ったのが居酒屋「よしだ海岸」です。

看板の文字には驚いたけど、威勢のいい店員さんたちが笑顔で応対してくれる、全然怖くない店です。安心してメニューに目を移すと、一皿300円台~と破格の安さがズラリ。300円以下もある。看板にも値段にも驚かされながら、まずは1杯460円のハイボールでカンパ~イ!

「ツナサラダ」の衝撃のボリュームと価格、酒のアテに最高のワケとは

最初に注文したのは、「自家製ツナサラダ」。なんと、市販のツナ缶3缶分もの山盛りがボコッと出てきたんです。皿にのっているのは、ツナだけ。ツナサラダって、ふつうレタスとかの野菜に、ちょこっとツナがのっているイメージだから、その見た目とボリュームは、すごい衝撃でした。

自家製ツナサラダ

ツナにニンニクを炒めて風味付けした菜種油がかかっているだけ。これは、シンプルにウマい!

ハイボールを飲みながら、ずっとつついていたほど。酒のアテには最高です。しかも一皿320円。市販のツナ缶L缶1個分ぐらいの値段とは。僕も自分でツナを作っているからわかるけど、このボリュームでこの値段は、まず、ありえない!!

良心的なのは、「あら煮」も同じ。320円だから、小鉢で出てくると思ったら、ドーンと大皿で来たんです。しかも、いろんな魚の脂ののった“身”が甘辛く煮つけてあって、アラが全然入っていない!

あら煮

美味しくてもあまりに安いと、「この店、ホント、やっていけるのか!?」と心配にもなります。でも、店の人達がお客さんに、いかに満足できるものをギリギリの値段で提供できるか、もの凄く経営努力しているのがわかるから、そんな店が好きでよく行きます。

次のページ
食感も楽しい生タコ&ワタリガニのから揚げ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…