SNSで最新情報をチェック

岩手・盛岡で親しまれる「わんこそば」が東京で楽しめる。しかも、新宿・歌舞伎町で! その情報をキャッチしたライター・カーツさとうが潜入。本誌2022年9月号の「おと週瓦版」での記事を完全版でここにお届け!

画像ギャラリー

回転式かつセルフスタイルのわんこそばとは如何に

新宿に“回転わんこそば”の店ができた! でも、それって何? と、編集えびす&本場・盛岡でわんこそば大食い大会にも出場歴のある私のふたりで行ってまいりました。

“わんこそば”といえば、自分のお碗に蓋をするまで、給仕さんがひと口分のそばをお碗に入れ続ける、岩手の郷土文化食べ放題システム

そしてこの店『回転わんこそば くるくるわんこ』は、回転レーンを流れるひと口分蕎麦の入った小碗を自分で取ってマイお碗に入れるセルフ方式

40分3300円で食べ放題ですが、その前に食券を自販機で買うという、ここもセルフ! さらに岩手のわんこそばは、お給仕さんが、「はい、じゃんじゃん! はい、ドンドン!!」という独特の掛け声で、食べる客を鼓舞し、その場を盛り上げるのがなんとも郷土色ゆたかなんですが、この店にそんな掛け声はまったくない!

店内、ロボットが働く近未来の工場のようでもある
店内、ロボットが働く近未来の工場のようでもある

それどころか、そばの盛られた碗が無機質にレーンを回り続ける中、当初の客はオレとえびすのふたりだけという静寂の世界は、なにやら近未来SF映画のようですらある。

これが最先端の食か!?

とはいえ!! 「はい、じゃんじゃん!」と鼓舞する給仕さんはいないが、ヤング&キュートな女性店員さんが、システムの説明をしてくれ、マイお碗&薬味(ネギ、生姜、わさび)といったセットを運んでくれ、さらに40分のタイマーをセット。いざ食べ放題がはじまる。

銘々にこのようなセットが運ばれて参ります。つけ汁はお代わり自由!
銘々にこのようなセットが運ばれて参ります。つけ汁はお代わり自由!

次のページ
本場とは違うスタイル……それはそれでいい...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...