SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

その1階に、小さくて怪しげな飲食店がみっちり軒を連ねたビルが目黒にあるという情報を入手! 会計&いざという時の用心棒として編集・武内を引き連れ、ライター・菜々山、突撃いたします!

目黒に佇む酒飲みの聖地 10店そろった大酒郷

時短営業になる前のとある日、目黒川沿いに建つマンションの1階に到着すると、目に飛び込んできたのが右上の看板。「大酒郷」、なんていい響きだ。それに誘われるように中へ入ってみると、7~8席の小体な店が長屋のように連なっていた。今や都内各所にある昭和風に作り込んだ横丁ではなく、統一感の無さがガチの昭和。どうやら、元々バラックで営業していた店舗を、昭和40年代のマンション建築時に丸ごと1階部分に移転させて飲食街にした、という経緯らしい。

『目黒新ばし』の入り口

通路を歩いていると18時半という飲食店にとってはゴールデンタイムのはずなのに、なぜかまだオープンしていない店ばかり。とりあえず“営業中”の札が出ていた『ナッツ』の暖簾をくぐってみる。つかず離れず、でもどこかホッとできる女将さんとのおしゃべりも弾んで、気づいた時には焼酎4杯目。 いい感じにガソリン(酒)が入ってエンジンも回り出した。

続いて向かったのが『cozy』。飲んでいると、ちょこっとつまみたくなる寿司があるのも飲んべえのツボを抑えている。さすが“大酒郷”。カウンターに座ってしばらくすると、年配の女性がやって来た。「鉄火巻き3本作っておいて。10分後に取りに来るから」。どうやら『目黒新ばし』内では、他店からの持ち込みも、フレキシブルに対応みたい。こちらの寿司は絶妙な締め具合のサバの握りに、巻物とどれも抜群! となれば自然と勢いも増す。ワインから日本酒へと移行。もう今日はこの店で飲んじゃお、と腰を据えたにも関わらず編集・武内は、他店も回りたいなどと言い出し、どこかへ消えた。正直に言おう。この辺から記憶がない。無事に武内と『18(イッパチ)』で合流できたらしい。へろへろに酔った私を優しく迎え入れてくれたママの笑顔だけが脳裏に焼き付いている。ごめんなさい。

以下、武内の報告。「酔った菜々山を帰らせ、ひとりで向かったのが『スパイスバグ』。世界を旅した店主・佐藤ユウさんが現地で食べた料理、なかでもアジア各国の料理を中心に提供。味にも香りにもパンチがあってどれも旨い。さらに氏のオカルト話(テーマは河童はいる)も面白く、気がつけば2時間近く飲んでいました」

次のページ
再訪!自制心が試される美食、お酒の数々...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...