×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

『十番右京 恵比寿店』@恵比寿

キラキラのイクラがそそる 艶っぽい美女のような名物丼

海のたまごかけご飯(2398円)
とろり濃厚なウニと大粒のイクラがあふれんばかり。酢飯ではなく白いご飯を合わせている。味付けはご飯と具の間に忍ばせたウニのソースだ。卵黄は雑味のないピュアな味わいが特徴の、埼玉県深谷市の田中農場のもの。具材と黄身をよく混ぜ合わせて食べるのがおすすめだ

「ずるいなぁ」。丼を見たとたん、頭に浮かんだ言葉はこれひとつ。

卵かけご飯と言いながら、こんなにも豪華でいいのだろうか(笑)。
こぼれんばかりのイクラに燦然と輝くウニ、
うっとりするような黄身とキャビアのコントラストが誘うように色気を振りまく。

この丼を出しているのが人気居酒屋『十番右京』。
季節の料理のフォトジェニックなプレゼンテーションが得意技なのだ。

居酒屋の〆とあって、丼のサイズは大きなお茶碗ほど。
味が付いているのでこのままご飯とトッピングを混ぜ合わせていただくのだが、
〆なのにまたまた日本酒が進んでしまうじゃないの。
あぁ、困った、困った!

海の宝石おちょこ丼3個セット(4378円)
あれもこれも食べたいというわがままな欲望を満たすために考え出されたメニューがこちら。おちょこサイズの丼にイクラ、キャビア、ウニという海の宝石三種をたっぷりのせた至福のトリオだ
『十番右京 恵比寿店』

 

[住所]東京都渋谷区恵比寿1-26-13 SEビル1階
[電話]03-3440-7888
[営業時間]12時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、土・日・祝12時~23時(22時LO)
[休日]無休
[交通]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩7分

『海玄』@築地

最高級の鮨店ご用達の仲卸が満を持して完成させたマグロ丼

究極の海玄まぐろ丼(3800円)
部位は毎日変わるが、切り身、すき身、はがしの3種類が入る。

2021年9月にオープンしたばかり。早くも食いしん坊の間で話題を集めているのがこちら。

仲卸のやま幸といえば、最高級の鮨店にマグロを卸していることで有名だが、
そんなマグロのプロフェッショナルがマグロ丼の店を作り上げた。

マグロを一番美味しく食べてもらうこと。そこを追求しました」と、店長の狩野さん。

「究極の海玄まぐろ丼」は国産本マグロの、その日入荷した部位を使うので内容は毎日変わるが、
その分だけ一期一会の出合いがある。

マグロを引き立てる酢飯も契約農家のこだわりの米。
あの“やま幸のマグロ”を目指して、遠くから足を運ぶ人が後を絶たないのも納得だ。

お昼の丼セットには、マグロの一品、マグロコラーゲンスープ、山芋のすり流しが付く。途中から山かけにして味変すると2度美味しい。醤油のかけ過ぎ防止のため、スプレー式醤油が用意されている
お昼の選べる丼(2800円)
迷ったら2種類の小丼が選べるこちらもおすすめ。左はマグロときんぴらの意外な相性に驚く「まぐろかき身のきんぴら合わせ丼」。右はたくあんが入った「とろたく」
『海玄』
[住所]東京都中央区築地4-13-8 ソラシアビル1階
[電話]03-6260-4808
[営業時間]11時~15時、17時~20時
[休日]不定休
[交通]地下鉄日比谷線築地駅1番出口から徒歩6分
次のページ
『九段うお多』@市ヶ谷...
icon-next-galary
1 2 3 4icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…