SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

斬新な調理スタイルの「バズレシピ」や「至高のレシピ」で話題のリュウジさんは、お酒を飲みながら料理をするというYouTube動画が人気の料理研究家です。レシピの公開だけでなく、Twitter「リュウジの酒場探求記」では気になる飲食店の紹介も。SNSなどの総フォロワー数が700万人以上という「料理のお兄さん」が、感性の赴くままに歩いて街で見つけた「自分史上最高にウマくて、楽しく飲める店」について本音で語ります。

第1回は東京・飯田橋の「ひつじや飯田橋店」です。

事前情報ナシ!足で、直感で「この店良さそう」

料理研究家、リュウジです。“自分史上最高にウマくて、楽しく飲める店”をどうやって探しているのか。僕は実際に歩いて、“自分の足”で見つけています。事前情報は、一切ナシ。路地裏までくまなく入って、知られざるウマい店を引き当てています。

先日は、水道橋で仕事を終えた後、近くで食事をしたい店が見当たらず、(隣駅の)飯田橋まで歩いたら、軒先のメニューが目に留まりました。ふだん、食べるのも調理する機会もない個性的な羊肉料理がズラリ。なんだか無性に食べたくなって、初めて「ひつじや飯田橋店」という店に入りました。直感って、大切ですね。

エジプト、クロアチア、ルーマニア…格安で種類豊富な赤ワイン

店は、一見わかりにくいビルの2階にあります。ドアを開けると、エスニックな香りが漂っていて、雰囲気がいい。

酒飲みの僕は、お酒の値段も気になるところ。やはり、安くて美味しい酒で気持ちよく酔いたいですから。見ると、「ビール&ワインは原価+100円」と驚きの文字が。凄まじい安さに、経営どうなっているんだろう!?って心配になるくらい。

驚きの「原価」+100円

早速、注文した「赤ワイン6種飲み比べセット」が1200円ほど。銘柄もエジプト、クロアチア、アルゼンチン、南アフリカといった珍しい地域のも豊富に取り揃えているんです。初めてクロアチア産を飲んだら、ふくよかで口当たりが軽く、1杯200円とは思えないウマ味に溢れています。

赤ワインを6種類飲み比べ!

僕はハイボールを飲むことが多いんですが、ここではなんと一杯290円!懐を気にせず、グイグイ頼めるところが、酒飲みにはゴリゴリおススメです。

次のページ
チュニジアの餃子「ブリック」 店の味をヒ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...