SNSで最新情報をチェック

2022年8月に浅草・杵屋通りにオープンした『ORTIGA』は、「カリフォルニアの砂漠」をコンセプトに古民家をリノベーションしたカフェ。1階にはハーレーやトライアンフのヴィンテージバイクが展示され、天井が高い店内は街中の喧騒を忘れさせてくれ、居心地がいいと評判です。ニュージーランドでバリスタ経験がある店長が手がける自家焙煎コーヒーも注目の、都会のバイカー・オアシスをご紹介。

画像ギャラリー

海外のカフェ気分に浸れる、オシャレな内装がエモい!

天井から下がるライトもピンクのカウンターもカリフォルニア感が強い
天井から下がるライトもピンクのカウンターもカリフォルニア感が強い

情報をキャッチしたのは筆者なじみの浅草のカフェ店長が投稿したインスタのストーリーズ。雷門の近くでバイク? ガレージがある? そんな広い土地が残って……いたんです。なじみの店に浮気がバレないよう、コソコソと行くと……広っ! 

1階のガレージではヴィンテージバイクを展示。2023年1月末ごろまで『横浜ホッドロッドショー』で展示されたカスタム車両が展示されている
1階のガレージではヴィンテージバイクを展示。2023年1月末ごろまで『横浜ホッドロッドショー』で展示されたカスタム車両が展示されている
入口横の座席。ブックシェルフの空きスペースはヘルメット置きにどうぞ
入口横の座席。ブックシェルフの空きスペースはヘルメット置きにどうぞ

下町とは思えないカリフォルニアな広い空間に驚きながら、食事をオーダー。迷う。「オムライス」(1200円)が目についたんだけど、それほどお腹が空いてない。そんなタイミングで、「値段は変わりませんが、ごはん少なめにできますよ」と笑顔の店員さんのさりげなさが絶妙。接客が気持ちいい!

座席数は30席。天井が高く席の間も広いため、ゆったりした気分に
座席数は30席。天井が高く席の間も広いため、ゆったりした気分に
白壁に仕切られたスペースは、ひとりで静かに過ごす時に座りたい
白壁に仕切られたスペースは、ひとりで静かに過ごす時に座りたい

居心地いいカフェだな~。初訪問時に思ったけど、実は取材をすることは考えていなかったのです。【バイクで行きたいグルメ旅】だから、なるべく遠出をしたい。本音をいうと、仕事にかこつけてツーリングをしたいのです。

40代中盤に差しかかり、車とバイクの免許を取得した初心者の筆者。徒歩と公共機関のプロフェッショナルとして人生を歩んできたおかげで、バイクに乗りはじめて3年が経過しても、“わーい、自分の好きな時に好きな場所に行ける”病がおさまっていない。しかも台東区の隣接区がホームタウンの筆者からすると、浅草は近すぎる。

ところが、筆者と同じバイクのMUTT MOTORCYCLES乗りの女子と行った時、キャッキャしてたことで考えを改める。それに、千葉や埼玉、神奈川からすれば、浅草はそれなりに遠い……。なんてことも思って、取材へGO!

2階のグリーンはフェイク植栽。GINZA SIXやAmazon本社も手がけ、ハイセンスなグリーンディスプレイで定評のある『SOLSO FARM』がデザインした
2階のグリーンはフェイク植栽。GINZA SIXやAmazon本社も手がけ、ハイセンスなグリーンディスプレイで定評のある『SOLSO FARM』がデザインした
フェイク植栽にはトカゲがひっそり。細部にまでこだわった内装がたまらない
フェイク植栽にはトカゲがひっそり。細部にまでこだわった内装がたまらない

次のページ
オムライス、ナポリタン……少しずつ盛られ...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...