×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

この前、素晴らしい旅をしてまいりました! どこに行ったかというと、島根県ですよ、島根県!!

「あ、あの島根と鳥取、どっちが西でどっちが東か、よくわかんなくなるトコ?」

未だそんなことを言ってる方もいるかもしれませんが、そんな方にこそ知っていただきたい。それが、島根は「酒もメシもとんでもなく旨い」という感嘆すべき事実だ!!

ということで、島根で味わった、その「とんでもなく旨い酒」。今回、ワイナリー、マイクロブリュワリー、そして酒蔵を巡らせてもらった。つまり、贅沢にもワイン、クラフトビールに日本酒と3種のお酒造りの現場に行かせていただいたのでした。

フランスワインかと紛うほどの出来の良さ『島根ワイナリー』

まずはワイナリーから『島根ワイナリー』。見学無料のワイン醸造所のみならず、飲食施設も充実した巨大駐車場完備の一大ワイナリーだ。

『島根ワイナリー』
『島根ワイナリー』

施設内の『試飲即売館バッカス』 では、ワイン購入はもちろん、数種のワインが無料試飲できるコーナーもありますが、『おとなの週末Web』読者ならばぜひ足を運んでいただきたいのが、無料試飲できないプレミアムなワインが有料で味わえる『ワインバル バッカス』

『ワインバル バッカス』
『ワインバル バッカス』

ここで飲んだのが、「清酒酵母仕込 甲州(白)」(グラス300円)と『葡萄神話メルロ(赤)」(グラス300円)。

「清酒酵母仕込 甲州(白)」(左)、「葡萄神話メルロ(赤)」(右)
「清酒酵母仕込 甲州(白)」(左)、「葡萄神話メルロ(赤)」(右)

なんと日本酒用の酵母で低温発酵させた「清酒酵母仕込 甲州(白)」。甲州種のぶどうを使用した
ワインといえば、シュールリー製法が有名だけど、それとも違う、たしかに日本酒にも似たブーケが
ほのかに感じられる
、日本料理に合いそうなワイン。

そして「葡萄神話メルロ(赤)」で驚いた。これ、なにも知らないで飲んだら「ポムロールですかね……」って思いますよ。そのくらいメルロ種ならではの熟したベリーのような特徴がしっかり味わえる

これ飲んだら、ここで一番お値段のお高い「横田カベルネ・ソーヴィニヨン2017」(グラス600円)はどれだけ驚かせてくれるんだ? と思った瞬間、オーダーしちゃいました。なにしろボトルだと5800円のワインですからね。それがグラスで600円って、そうとうお得ですよ。

いや〜ビックリした。収穫年が2017ってことは、もう5年経ってるのに、まだまだ熟成させた方が
旨くなるに違いないシッカリしたタンニンのある完全な長期熟成タイプ

ひと口目、ふた口目とどんどん開いていくのもわかる、完全にメドックはポイヤックあたりのシャトーワインと互角の奥深い飲み応え。できれば5年後に飲みたい!! こんな高いレベルなワインが造られてるんだなぁ島根。

「横田カベルネ・ソーヴィニヨン2017」。この濃厚なクラレットの色合いだけで、その実力が推し
量られる!
「横田カベルネ・ソーヴィニヨン2017」。この濃厚なクラレットの色合いだけで、その実力が推し
量られる!

ほんと、島根にワインのイメージが全然なかったんですが、この「島根ワイナリー」、日本のボルドーかと思いましたよ

商品はもちろんサイトから購入することもできますが、今チェックしたら『横田カベルネ・ソーヴィニヨン2017』は残念ながら売り切れ。オレ、2018が出たら買います。それで家で5年以上寝かせて飲みます! もう決めてんの、それは。

次のページ
銘菓を使ったクラフトビールも醸造『大根島醸造所』...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

カーツさとう
カーツさとう

カーツさとう

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…