SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

ようやく国境を跨いでの移動の自由が戻り、先頃オーストラリアへ取材に出かけてきた。その成果はおいおいこのコラムでもご披露していくつもりだが、今回はまず取材中のこぼれ話から‥‥。

シドニーで見た絵を描く人々 手元にはグラスが…

ある日の夕刻、シドニー中央駅近く、流行感度の高いエリアとして知られるサリーヒルズを歩いていたとき、異様に明るい場所があって思わず足を止めた。ガラス越しに中の様子が丸見えだったが、そこには黒いエプロンを着け、カンバスに向かって黙々と絵を描く人々がいた。絵画教室かと思ったが、手元にはビール瓶やワインのグラス。壁には「内なるピカソを解放しよう」の文字。これは一体?

ペイント・アンド・シップを楽しむ人たち

看板には「ピノ&ピカソ」の表記。絵筆とワイングラスがバッテンに組み合わさったものがロゴマークになっている。ピカソは言うに及ばずあの天才画家のこと、ピノはワイン用ブドウ品種のピノ・ノワールやピノ・グリを表しているに違いない。そこは絵を描きながらワインを飲む場所であるらしかった。

たまたま、一緒にいたオーストラリア人女性はこのアクティビティのことを知っていて、彼女自身も別の場所で何度か体験したことがあるという。

「ピカソ風の自画像を描くとか、自分の中のもう一つの性を描くとか、富士山を描くとか、毎回テーマがあって、インストラクターに教わりながら絵を描くの。ワインやビールを飲みながらね。私たちは女子会として使っているけど、デートに使う人もいる。ただの飲み会とは違う楽しさがあって盛り上がるわよ」

寡聞にして知らなかったが、こういうアクティビティのことを「ペイント・アンド・シップ」(Paint and Sip=描いて啜る)といい、数年前から欧米を中心に流行していて、オーストラリアでもシドニーやメルボルンには複数の店舗があるという。

クラブ・ウィンダム・シドニーのアーティスティックな外壁。「ピノ&ピカソ」を見つけたのもこの界隈

次のページ
プロの絵描きらが指導...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...