MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
やきとんだけど”やきとり“の街、埼玉東松山を往く!

やきとんだけど”やきとり“の街、埼玉東松山を往く!

やきとんだけど”やきとり“の街、埼玉東松山を往く!東松山名物やきとり行脚衝撃&感動の初体験!

perm_media 《画像ギャラリー》やきとんだけど”やきとり“の街、埼玉東松山を往く!の画像をチェック! navigate_next

 東松山名物のやきとりといえば? 鶏ではなく豚(基本はかしら)の串に味噌ダレを付けて食すソレ。取材経験がある戎クンに連れられ、ライター肥田木が本場の味を初体験しました!

戎「何はともあれアノ店に行かねば、ご当地やきとりは語れませんッ」

 向かうは東松山駅から徒歩10分の『大松屋』。店に入って乾杯するや、「ハイ、かしらね~」

 女将が私たちの皿の上にかしらをドンッと置いていった。デカッ。ていうか頼んだっけ? 疑問符だらけの私に、戎クンが得意顔でレクチャーする。

戎「ココは注文しなくても最初にかしらが出るんです。で、こうやって味噌ダレをヘラで肉に直に塗って……」

 へえ、面白い。唐辛子入りの味噌ダレは肉の旨みと相性抜群だ。うんまっ。

戎「でしょ。味噌ダレやきとりの元祖店なんですよ」

 食べ終わると女将が再びかしらを皿に置く。また? 思わず二度見。

戎「ストップするまで出てくるんです」

 ひえ~、わんこかしら状態とはショーゲキ! それにしても野性味あふれる肉は何度見てもド迫力だ。でも旨いからつい食べちゃう。ちなみにタンなど他の部位は別注文制で、食べ終えた串はハネると危ないから皿ではなく直に机に置くのもルールなんですって。

写真:かしら1本130円

大松屋
[住所]埼玉県東松山市材木町23-14 [TEL]0493-22-2407 [営業時間]16時15分~20時(19時半最終入店) [休日]日(月が祝日の場合、月[休日]) [交通アクセス]東武東上線東松山駅東口から徒歩10分

 続いて地元の人気店『桂馬』の分店『やきとり子虎』へ。こちらはわんこかしらではなく最初にひとり2本出る。『大松屋』より小ぶりで、味噌ダレも唐辛子の赤色が利いていて辛め。

肥田木「おっ、ピリ辛でまたイケる」

 ココは普通に串入れもある様子。単品料理が多彩なのも魅力だ。ほかもチェーン店など調査したが、店によって味もスタイルも若干違うみたい。どれも本場はさすが。感動しきりでした!

写真:かしら1本120円

[住所]埼玉県東松山市箭弓町1-16-7 [TEL]0493-22-0088 [営業時間]17時~21時 [休日]日・祝 [交通アクセス]東武東上線東松山駅東口から徒歩3分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
「串カツ」「串揚げ」の本場・大阪を、グルメライターが食べ歩いて調査!二度付け禁止・立ち食い系の大衆系もあれば、しっとり楽しむコース制の創作系までそれこそピンキリですが、中でも安くて旨くて個性が光るお店をピックアップしてご紹介します!
飲食店がひしめく渋谷駅周辺で、本当に美味しい焼き鳥が食べたい時にぜひ訪れてほしいお店を、厳選してご紹介!安いことが魅力なところ、おしゃれでデートにもぴったりのところ、こだわりの鶏肉を使っているところなど、各店こだわり満載です!
焼き鳥もいいけど、「やきとん」が食べたい日もある!そんな時に、絶対に外せない都内のお店を厳選してまとめました!人気ランキング常連のお店もあり!比較的安くて種類も豊富、どんなお酒にも合うので、一度食べたらやみつきになる人が続出中ですよ。
串焼きは肉を味わう万国共通の調理法。日本では少し珍しい肉も、串だからこそ手軽に楽しめる。一度は試して欲しい”変わり串の逸品”、きっとクセになるはず!
豆腐や納豆、大根といった素材に凝る。素材に味付けをして、ソース不使用など、アイデア溢れる美味串店を紹介。独創的な串揚げ店を武蔵小山駅、大久保駅、銀座で見つけました。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル